« 首都高速、過積載だとその場で荷物を降ろさせる | Main | あいの風とやま鉄道、泊方面の終電繰り下げへ »

北陸新幹線並行在来線各社、上限運賃を申請

 北陸新幹線開業に伴い、信越線及び北陸線の長野-直江津-金沢間が並行在来線とされ、4社の第三セクターに分割されます。その4社は10月27日、国交相に旅客運賃の上限認可を申請しました。

 それでは、並行在来線移行後の運賃はどのようになるのでしょうか? 各社が実際に適用する運賃(実施運賃)や乗継割引に基づいてみていきたいと思います(実施運賃や乗継割引は上限運賃の認可後、届け出ます)。まずはしなの鉄道から。


(1)しなの鉄道
 信越線長野-妙高高原間は、しなの鉄道北しなの線となります。今回の上限運賃申請では、しなの鉄道線(軽井沢-篠ノ井間)と同水準にしています。現行JR運賃と比較すると普通運賃の上限は約1.23倍、通勤定期の上限は約1.49倍、通学定期の上限は約1.47倍となります。実施運賃は上限運賃と同じです。

 具体的な運賃で見ていきましょう。大人の初乗り(1~3キロ)は現行JR運賃から50円高い190円。長野-豊野間が10円高い250円、長野-妙高高原間が160円高い830円になります。しなの鉄道線各駅と北しなの鉄道各駅の間の運賃は、しなの鉄道線と北しなの線との距離を合計して運賃を出し、そこにJR(篠ノ井-長野間)の運賃を足します。上田-妙高高原間は160円高い1570円です。

(2)えちごトキめき鉄道
 信越線妙高高原-直江津間、北陸線直江津-市振間はえちごトキめき鉄道となります。もともとは現行JR運賃の1.3倍にする計画でしたが、その後開業から5年間は現行JR運賃と同額に据え置くこととなりました(ただし、子供運賃と通学定期は端数処理方法の違いから、10円程度の変動が生じることがあります)。今回申請した上限運賃も現行JR運賃とほぼ同額で、大人の初乗り(1~3キロ)は140円、妙高高原-直江津間が670円、直江津-市振間が970円、妙高高原-市振間が1660円です。

(3)あいの風とやま鉄道
 北陸線市振-倶利伽羅間はあいの風とやま鉄道となります。ここあいの風とやま鉄道は上限運賃と実施運賃が異なります。実施運賃の大人初乗り(1~3キロ)は現行JR運賃から20円高い160円、富山-高岡間が40円高い360円、市振-富山間が140円高い1110円、富山-倶利伽羅間が100円高い860円、市振-倶利伽羅間が120円高い2060円とする予定です。開業から5年後には値上げの予定です。

(4)IRいしかわ鉄道
 北陸線倶利伽羅-金沢間はIRいしかわ鉄道となります。IRいしかわ鉄道もあいの風とやま鉄道同様、上限運賃と実施運賃が異なります。現行JR運賃と比較すると普通運賃、通勤定期の実施運賃は約1.14倍、通学定期の実施運賃は同額です。実施運賃の大人初乗り(1~3キロ)は現行JR運賃から20円高い160円、津幡-金沢間が30円高い270円、倶利伽羅-金沢間が40円高い360円とする予定です。開業から5年後に値上げがなされ、現行JR運賃と比較すると普通運賃、通勤定期は約1.19倍、通学定期は約1.05倍となります。

(5)乗継割引
 これまでは直江津でJR東日本とJR西日本に分かれるものの、同じJRグループであることから、運賃は通算されます。しかし、JRから分離されると、原則として各社ごとに運賃は合算となります。2社以上を乗り継ぐ場合、割高となります。短距離だとその影響は大きいです。

 そこで乗継割引が設定されることとなりました。各社とも境界駅から約10キロの範囲が対象のようで、JRとの間でも設定されます。長野、豊野、直江津、糸魚川、富山、高岡、津幡、金沢の各駅で設定があります。乗継割引の設定期間は5年間と期限があるものもあります。長野-飯山間(豊野経由)のように50円安い530円となるケースもありますが、境界駅から離れるとその乗継割引はなく、高岡-富山間は60円高い820円、富山-金沢間は250円高い1220円です。
(参考:レスポンスホームページ http://response.jp/article/2014/10/28/236083.html、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/local/ishikawa/news/20141027-OYTNT50431.html、http://www.yomiuri.co.jp/local/toyama/news/20141027-OYTNT50538.html、http://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/news/20141027-OYTNT50217.html、中日新聞ホームページ http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2014102802100006.html、JR東日本長野支社ホームページ http://www.jreast.co.jp/nagano/pdf/141027.pdf、JR西日本ホームページ http://www.westjr.co.jp/press/article/items/141027_00_echigo.pdf、http://www.westjr.co.jp/press/article/items/141027_00_ainnokawa.pdf、http://www.westjr.co.jp/press/article/items/141027_00_ishikawa.pdf)

|

« 首都高速、過積載だとその場で荷物を降ろさせる | Main | あいの風とやま鉄道、泊方面の終電繰り下げへ »

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/60565969

Listed below are links to weblogs that reference 北陸新幹線並行在来線各社、上限運賃を申請:

« 首都高速、過積載だとその場で荷物を降ろさせる | Main | あいの風とやま鉄道、泊方面の終電繰り下げへ »