« 京阪「びわこ号」、44年ぶりに走る | Main | アルピコ交通の電鐘式警報機、廃止へ »

JR東日本の豪華寝台列車は「TRAIN SUITE 四季島」

 JR東日本は2017年春に運行を始める豪華寝台列車について、その名称とシンボルマークが決まりました。

 名称は「TRAIN SUITE 四季島」、日本の古い国名「しきしま」を基に、美しい四季と伝統を感じながらの旅を連想させ、時間と空間の移り変わりを楽しむ列車であるという想いを込めて命名しています。「TRAIN SUITE」はサブタイトルです。「四季島」がJR東日本のフラッグシップとして位置付けられる列車であることや、全室スイートルームであることを示しています。列車は10両編成で定員は34人、バスルームに湯船のあるデラックススイート2室(5号車)と、スイート15室(2~4号車、8、9号車)があります。すべての部屋にシャワーとトイレがあります。ちなみに、1、10号車は展望エリア付動力車、6号車はダイニング車、7号車はラウンジ車です。

 シンボルマークについては、車両のエクステリア・デザインと一体感のあるものにするため、奥山清行氏が代表を務めるKEN OKUYAMA DESIGNがそのデザインを行っています。濃い緑色をベースとし、「ひと」「もの」「こと」の象徴である三本の線が四季を意味する「4つの節目」をめぐり戻ってくるというもので、美しい四季と伝統を感じるクルーズの旅を表現しています。
(参考:JR東日本ホームページ http://www.jreast.co.jp/press/2014/20141005.pdf、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2014/10/07/234351.html、マイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2014/10/07/339/、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07030_X01C14A0CR8000/)

|

« 京阪「びわこ号」、44年ぶりに走る | Main | アルピコ交通の電鐘式警報機、廃止へ »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR東日本の豪華寝台列車は「TRAIN SUITE 四季島」:

» 【JR東日本】2017年春に運行開始予定のクルーズトレインの列車名を「四季島」(しきしま)と決定 [阪和線の沿線から]
続いて列車名決定のニュースですが、こちらは以前ご紹介したJR東日本のクルーズトレインの列車名についてです。 「日本を楽しむあなただけの上質な体験」を感じる旅が始まります。 ...... [Read More]

Tracked on 2014.10.10 10:22 PM

« 京阪「びわこ号」、44年ぶりに走る | Main | アルピコ交通の電鐘式警報機、廃止へ »