« 深日-洲本間航路復活か? | Main | 高速鳴門までの往復乗車券に100円出すだけで鳴門市内2日間乗り放題 »

生駒線、田原本線合併50周年で普段は営業運転しないルートを走る臨時列車運転

 合併を繰り返して大きくなった近鉄。生駒線、田原本線も開業当初は近鉄の路線ではありませんでした。生駒線は信貴生駒電鉄という名前で、田原本線は大和鉄道という名前で開業しました。この両線が近鉄に合併されて50周年を迎えます。

 このことを記念して10月5日、臨時列車が走ります。生駒線は、王寺9:48発として各駅に停まり、いったん5番線に10:13に着きます。そこから生駒トンネル内で転線し、3番線を10:30に出発します。生駒からは奈良線、橿原線を急行運転し、田原本駅手前の普段は営業運転しない連絡線を通り、西田原本に11:05に着きます。西田原本は11:22発で、各駅に停まりながら新王寺に11:43に着きます。約2時間で一周するのです。

 なお、このイベントでは、スタンプラリーなどのイベントも行われます。
(参考:近鉄ホームページ http://www.kintetsu.co.jp/kanko/kanko_info/news_info/anniversary_event.pdf)

|

« 深日-洲本間航路復活か? | Main | 高速鳴門までの往復乗車券に100円出すだけで鳴門市内2日間乗り放題 »

近鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/60388857

Listed below are links to weblogs that reference 生駒線、田原本線合併50周年で普段は営業運転しないルートを走る臨時列車運転:

» 【近畿日本鉄道】生駒線・田原本線の近鉄合併50周年記念イベントを実施。普段の営業運転では見られないルートの臨時列車が運行 [阪和線の沿線から]
近畿日本鉄道(近鉄)は、日本最長の営業路線を有する民鉄事業者だけあり、その歴史は、様々な鉄道会社の合併を繰り返してきた歴史でもあるといえるでしょう。 奈良県内の路線で ... [Read More]

Tracked on 2014.10.03 at 08:24 PM

« 深日-洲本間航路復活か? | Main | 高速鳴門までの往復乗車券に100円出すだけで鳴門市内2日間乗り放題 »