« 大井川鐵道、取引金融機関に返済猶予の継続を申し入れていた | Main | 津軽鉄道、ストーブ列車値上げ »

北陸新幹線長野駅と飯山駅の発車メロディ決まる

 2015年3月14日に北陸新幹線が金沢まで開業します。これに合わせて、長野、飯山両市の要請を受け、JR東日本長野支社は長野駅と飯山駅の新幹線ホームに発車メロディを導入することになりました(長野県内には新幹線駅が4駅ありますが、1997年の開業時からJRのオリジナルメロディーを使っています)。

 長野駅は県歌「信濃の国」、1900年に郷土教育を目的としてつくられた歌で、1968年5月20日の県告示で正式に長野県歌として制定されました。長野県の地理、歴史、文化について歌い、日本で一番有名な県歌として知られています。関連工事が集中する前の2015年1月ごろから実施する予定です。上下線で30秒のメロディーを流します。飯山駅は唱歌「ふるさと」、中野市出身の高野辰之が作詞しました(作曲者は鳥取市出身の岡野貞一)。子供のころの野山の風景を遠い地から懐かしむという内容で、生まれ故郷から離れて暮らす人の心情を歌っています。開業日の2015年3月14日から実施します。上りは曲の前半、下りは曲の後半をそれぞれ20秒ずつ流します。

(追記)
 長野駅での「信濃の国」使用開始は、2015年1月31日と決まりました。
(参考:JR東日本長野支社ホームページ http://www.jreast.co.jp/nagano/pdf/141110.pdf、http://www.jreast.co.jp/nagano/pdf/150126-3.pdf、信毎web http://www.shinmai.co.jp/news/20141108/KT141107FTI090016000.php)

|

« 大井川鐵道、取引金融機関に返済猶予の継続を申し入れていた | Main | 津軽鉄道、ストーブ列車値上げ »

JR東日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/60641400

Listed below are links to weblogs that reference 北陸新幹線長野駅と飯山駅の発車メロディ決まる:

« 大井川鐵道、取引金融機関に返済猶予の継続を申し入れていた | Main | 津軽鉄道、ストーブ列車値上げ »