« 名古屋市内を走る、三重交通のバスに乗る | Main | 「飲酒運転体験セミナー」 »

山手線用E231系が中央・総武緩行線に

 JR東日本は2015年から山手線にE235系を投入し、今使われているE231系を置き換えます。E235系に組み込まれる10号車を除いた1編成あたり10両が、余ってしまいます。まだまだ新しいE231系がそのまま廃車されるとは考えにくく、どこかに転属して第二の車生(?)を送るものと思われますが、そんな中ニュースが飛び込んできました。

 それは、山手線用E231系のうち1編成(元トウ520編成)が中央・総武緩行線に転属したのです(10月28日に三鷹車両センターに回送されました)。所属表記が「八ミツ」、編成番号標記が「A520」となっています。保安装置も従来のATCからATS-Pとなり、帯の色も中央・総武緩行線の黄色となっています。中央・総武緩行線仕様となっているのです。残る1両(サハE231-4620)は総合車両製作所新津事業所に入場しているので、これはE235系に組み込まれるのでしょう。

 ほかの山手線用E231系がどうなるかは今のところ分かりませんが、大幅な転属や改造が予想されます。今後の状況を見ていきたいところです。

(追記)
 その中央・総武緩行線から出ていく車両もあります。2015年1月27日のことですが、E231系の1編成が常磐線快速用に塗り替えられ、東京総合車両センターから出場しました。なお、6扉車のサハE230は抜かれ、代わりに4扉車のサハE231が入っています。常磐線快速も一部は品川まで行くので、その追加分なのでしょうか?
(参考:railf.jp http://railf.jp/news/2014/10/29/173500.html、http://railf.jp/news/2015/01/28/090000.html、鉄道ホビダス http://rail.hobidas.com/rmn/archives/2014/10/28/)

|

« 名古屋市内を走る、三重交通のバスに乗る | Main | 「飲酒運転体験セミナー」 »

JR東日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

こんにちは!
山手線のE231系が中央・総武線各停に転用されるなんて衝撃的ですね。もう少し山手線で活躍してほしかったのですが…。
JR東日本は車両の世代交代が早いですね。車両をどんどん若返らせていますね。
時代遅れを嫌う会社なのでしょうか?

それに対してJR西日本は時代遅れを覚悟しています。未だに国鉄型が多数残っていますからね。

あと、東京で大地震が発生したら、東京モノレールの方は、津波で高架橋が破壊され、さらに地下トンネルも津波で水没してしまうのでしょうか?

私はそれが心配でたまりません。

Posted by: MAKO | 2014.11.06 at 12:36 PM

 MAKOさん、おはようございます。

* JR東日本は車両の世代交代が早いですね。

 この前デビューした車両を置き換えるとは、世代交代が本当に早いです。

* それに対してJR西日本は時代遅れを覚悟しています。

 どこかの支線で動態保存的に走っているならともかく、大阪環状線や阪和線で103系が堂々と走っています。時代遅れもいいところです。

Posted by: たべちゃん | 2014.11.07 at 06:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/60585241

Listed below are links to weblogs that reference 山手線用E231系が中央・総武緩行線に:

« 名古屋市内を走る、三重交通のバスに乗る | Main | 「飲酒運転体験セミナー」 »