« スカイマーク、2015年2月からJALとの共同運航か? | Main | 川原湯温泉旧駅舎、新駅舎の隣に復元 »

大阪市交通局、鉄道の送電設備を使っての実験

 大阪市交通局は、市営地下鉄等の送電設備を使っての実験を行います。

 実験は大阪市立大が協力し、ニュートラムのコスモスクエア-トレードセンター前間で行います。法律上の問題から、実際の鉄道の送電線ではなく、実験用の送電線を線路上に整備します。10~50キロワットクラスの小型自家発電機と(離れた場所にある)駅舎を電線でつなぎ、ポンプなどを動かします。送る電気がちゃんと自家発電機から来たことが分かるように、特殊な信号を発信できるようになっています。鉄道の運行に支障がないことが分かれば、都心部を走る地下鉄でも実験を行うようです。

 これを応用すれば、鉄道の送電設備を使って、鉄道とは全く関係ないところにも電気を送ることができます。規制緩和の程度によりますが、電気会社でなくても送電事業を行うことができるのです。
(参考:「鉄道ファン」2014年12月号 交友社)

|

« スカイマーク、2015年2月からJALとの共同運航か? | Main | 川原湯温泉旧駅舎、新駅舎の隣に復元 »

鉄道」カテゴリの記事

大阪市高速電気軌道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大阪市交通局、鉄道の送電設備を使っての実験:

« スカイマーク、2015年2月からJALとの共同運航か? | Main | 川原湯温泉旧駅舎、新駅舎の隣に復元 »