« 山陽電鉄の駅売店はローソンに | Main | 北海道新幹線停車駅からのアクセス »

最後の急行型、2015年春に引退

 かつては全国各地で走っていた、急行型車両。デッキと客室が区分され、向かい合わせのボックスシートがずらりと並んだタイプの車両です。

 デビュー当初は急行用として使われていましたが、特急が増発されると、ボックスシートは特急のリクライニングシートに比べて見劣りするようになりました。急行は減り、急行料金のいらない普通列車で使われるようになりました。直流型ディーゼルカーでも急行型車両がありましたがそれは廃止され、ごく少数が特殊用として残っているだけです。そんな中、交直流型の475系は普通列車用に改造されてはきましたが、つい最近まで北陸線で普通列車としてごく普通に走ってきました。

 ところがその北陸にも新型の521系が投入され、475系は追われる立場となりました。新快速風の521系とは違い、2扉車の475系はラッシュ輸送には苦しいです。当然ながら老朽化しています。元寝台電車の419系と同じように。事前に予測されることでしたが、ついに2015年春に引退するようです。なお、一部は臨時用に残す話もあるようです。
(参考:産経WEST http://www.sankei.com/west/news/141112/wst1411120047-n1.html)

|

« 山陽電鉄の駅売店はローソンに | Main | 北海道新幹線停車駅からのアクセス »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 最後の急行型、2015年春に引退:

« 山陽電鉄の駅売店はローソンに | Main | 北海道新幹線停車駅からのアクセス »