« 遅延証明書を自動発行することのできる自動改札機 | Main | 名古屋市内を走る、三重交通のバスに乗る »

岡崎のBRTに乗る

 10月20日のことですが、早起きして出勤前にバスが専用道を走る、名鉄バスの岡崎駅前-福岡町間に乗ってきました。


 千種から中央線と東海道線の始発に乗って、岡崎に行く。東海道線の各駅停車に乗るのはめったにないことだ(豊橋方面に行くときは、快速以上に乗るため)。夜が明け、だんだん明るくなってくる。岡崎6:17着。橋上駅舎を出て階段を降りると、ちょうど福岡町行きの名鉄バスが来るところだった。岡崎駅前6:20発のバスに乗る。この時間に郊外に行くものなどなく、誰も乗っていない。

 駅を出てしばらく走ると、バス専用道が現れた。東日本大震災後の交通機関廃線後の利用方法としてBRTが脚光を浴びているが、ここ岡崎のバスもBRTと言えるだろう。岡崎駅前-福岡町間は、廃止となった名鉄の線路を活用したもの。太平洋戦争中に休止になり、戦後に路面電車(専用軌道)として復活したが、1962年にそれも廃止になり、翌年からバス専用道として生まれ変わった。バスは岡崎駅前-福岡町間を行ったり来たりするのではなく、ほとんどが岡崎の中心地、さらにその北へと直通する。日中でも20分間隔で走り、バスとしては利便性は高い。専用道に話を戻す。専用道は名鉄のもののようだが、あまり整備されていない。鉄道が単線だったこともあり、バスが走りながらすれ違うことは出来ないが、ところどころに待避所みたいなものがある。道路との交差点に踏切がないこともあり、ゆっくりと走るが、よく揺れる。8分で終点の福岡町に到着。並行してバイパスみたいな道路があるようではないので、これでも十分競争力があるのだろう。福岡町のバス停はロータリーになっていて、折り返ししやすい構造となっている。雨をしのぐことのできる待合室もある。「ICOCA」で支払う。

 福岡町にはすでに1台バスが停まっていて、帰りは前に停まっているバス(福岡町6:34発)に乗る。こちらは通勤通学の足となっているため、乗客はそれなりに多い。各停留所(とは言っても、岡崎駅前-福岡町間には3つしか途中の停留所はないが)で乗ってくる。やがてバスは岡崎駅前に着き、再び東海道線の客となった。

|

« 遅延証明書を自動発行することのできる自動改札機 | Main | 名古屋市内を走る、三重交通のバスに乗る »

バス」カテゴリの記事

Comments

BRTはBus Rapid Transitの略で、Rapid、つまり高速性が要求されますが、岡崎の場合は単なるバス専用道で速度も低いため、Rapidの要素がありません。実際、岡崎のバスをBRTと呼ぶのを聞いたことがありません。

Posted by: 通りすがり | 2014.11.09 at 10:35 PM

 通りすがりさん、おはようございます。

* 岡崎の場合は単なるバス専用道で速度も低いため、

 本来の意味のBRTではないでしょうが、国交省の資料でもBRTとなっています。
(参考:国交省ホームページ http://www.mlit.go.jp/common/001021380.pdf)

Posted by: たべちゃん | 2014.11.10 at 05:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/60593026

Listed below are links to weblogs that reference 岡崎のBRTに乗る:

» 岡崎等々に行ってきました [がんばりません]
きのうのことですが3・3・SUNの残りを使って、岡崎・豊川・豊橋に行ってきました。 アルコールの力を借りて「飲んですぐ寝る」→「夜遅くに起きてそのまま徹夜」という生活だったのですが、そんな環境もしばら... [Read More]

Tracked on 2014.11.04 at 07:35 PM

« 遅延証明書を自動発行することのできる自動改札機 | Main | 名古屋市内を走る、三重交通のバスに乗る »