« JR九州、「列車限定!九州ネット早特14」を発売 | Main | 「パスネット」、2015年3月で使用終了 »

一畑電車の新型車両はオレンジ主体

 以前にも書きましたが、一畑電車は古くなった車両の取り替えを行います。

 その一環として入るのが1000系。元東急1000系で、2015年2月デビュー予定です。東急1000系は1988年にデビューした車両で、1両の長さは18メートルのステンレス製。池上線や東急多摩川線で今も運行していて、一部の車両は上田電鉄や伊賀鉄道に譲渡されています。その1000系について一畑電車は塗装のデザインを募集していました。いずれも日本最古級の車両、デハニ50形をモデルにしたものです。応募総数3853票、3つの案の中から選ばれたのは、全体をオレンジに塗って窓の下あたりに細い白い帯を巻いたもの。1358票を得ました。残る2案も健闘し、それぞれドアを白く塗ったのが1299票、細い白い帯の下がステンレスとなったものが1196票ありました。
(参考:一畑電車ホームページ https://www.ichibata.co.jp/railway/vote/、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/ASGCX3VZNGCXPTIB008.html、産経ニュース http://www.sankei.com/west/news/141215/wst1412150061-n1.html、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2014/11/21/237953.html)

|

« JR九州、「列車限定!九州ネット早特14」を発売 | Main | 「パスネット」、2015年3月で使用終了 »

鉄道」カテゴリの記事

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 一畑電車の新型車両はオレンジ主体:

« JR九州、「列車限定!九州ネット早特14」を発売 | Main | 「パスネット」、2015年3月で使用終了 »