« 静岡鉄道に約40年ぶり新車 | Main | 「鉄道ホビートレイン」、車内の鉄道模型をリニューアル »

若松線に蓄電池電車

 JR九州の筑豊線若松-折尾間は政令指定都市の北九州市内にありながら、非電化のままで現在に至っています。筑豊線の一部区間が電化されたため、若松-折尾間は若松線という名前がついています。

 以前にも書きました通り、JR九州は非電化区間を走行するディーゼルカーに代わる次世代の車両として、蓄電池で動く車両の開発に取り組んできましたが、このたび、実用化に向けて、量産車両の製作に着手することになりました。2016年秋から若松線に大容量蓄電池を搭載した架線式蓄電池電車7編成14両を導入します。2016年秋に1編成2両を先行導入し、2017年春に残る6編成12両を追加導入します。若松線が選ばれたのは、線路の長さがちょうどよく、しかも交流電化区間との直通運転があること、また若松線が「世界の環境首都」を目指す北九州市内にあることからです。

 この架線式蓄電池電車は、交流電化区間(福北ゆたか線)は従来の電車と同じように架線からの電力によって走行し、走行・停車中に架線からの電力を蓄電池に貯えます。非電化区間ではパンタグラフを下げて蓄電池の電力で走行します。ブレーキをかける時はその回生エネルギーを蓄電池に充電します。直流区間で充電するタイプはJR東日本にありますが、交流のは日本で初めてということになります。ディーゼルカーから蓄電池電車に代えることによって、二酸化炭素等の排出や騒音が低減でき、沿線イメージの向上につながります。また、回生エネルギーを使うことで、エネルギーの有効利用につながります。

 通常、ディーゼルカー2両で3億円程度ですが、この蓄電池電車は2両で4億円程度かかる見込みです。また、蓄電池電車は香椎線などでも導入する予定です。
(参考:JR九州ホームページ http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/9dd28b8cb8f46cee49256a7d0030d2e6/8d35af372f6e9b0049257d9e0000656b?OpenDocument、毎日jp http://mainichi.jp/select/news/20141128k0000m020140000c.html)

|

« 静岡鉄道に約40年ぶり新車 | Main | 「鉄道ホビートレイン」、車内の鉄道模型をリニューアル »

鉄道」カテゴリの記事

JR九州」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 若松線に蓄電池電車:

» JR九州、架線式蓄電池電車を筑豊本線若松〜折尾間に導入 [kqtrain.net(京浜急行)]
 平成28年秋「架線式蓄電池電車」を導入します(PDF)|JR九州 [Read More]

Tracked on 2014.12.05 11:19 PM

» 【JR九州】筑豊本線・若松〜折尾間に架線式蓄電池電車を導入(平成28年秋〜) [阪和線の沿線から]
JR九州では、平成28年秋からを予定に筑豊本線に「架線式蓄電池電車」を導入することを発表しました。 平成28年秋「架線式蓄電池電車」を導入します|JR九州プレス発表資料 この「架 ...... [Read More]

Tracked on 2014.12.06 01:54 PM

« 静岡鉄道に約40年ぶり新車 | Main | 「鉄道ホビートレイン」、車内の鉄道模型をリニューアル »