« 阪急京都線に京都の名所旧跡を散りばめたラッピング列車が登場 | Main | 西鉄北九州線、完全に消滅 »

ベトナムに東急バス

 成長が続くアジアの都市においては、日本の都市インフラ整備が注目されています。

 ベトナムでは、東急がかつて蓄積してきたノウハウをもとに、まちづくりを進めています。舞台はホーチミンの北に位置するビンズン省です。東急とベトナムの開発業者は2012年3月、ベカメックス東急という合弁会社(東急が65%の株を所有)を設立しました。べカメックス東急はビンズン新都市において、住宅、商業施設、業務施設からなる、「TOKYU BINH DUONG GARDEN CITY」の開発を行っています。高層マンション「SORA gardens Ⅰ」や、フードコートやコンビニが入る「hikari」がオープンします。どこかで聞いたような名前です。

 そして2014年12月19日から、ベカメックス東急の100%子会社、べカメックス東急バスによる路線バス、「KAZE SHUTTLE」を本格開業することになりました。ビンズン省の庁舎はトゥーヤモットにありましたが、2014年2月にビンズン新都市に移転しました。そこに勤務する公務員や、来庁者及び新都市内居住者の通勤、移動の手段として運行します。運行区間はトゥーヤモットのべカメックスタワーから、新都市行政センター、新都市グエンクエン学校を経て、東部国際大学までの22.1キロ。べカメックスタワー-東部国際大学が50本、べカメックスタワー-新都市行政センターが10本運行され、朝夕は10~20分間隔、日中は30分間隔です。運賃は全線均一で10000ベトナムドン(約50円)、学生は半額です。休日には、2014年11月にビンズン省内にオープンしたイオンモール2号店へのチャーターバスも運行します。「KAZE SHUTTLE」はバス停に掲出した時刻表に基づく定時走行を行い、安全・快適な車両を導入し、乗客には丁寧な接客案内を行うなど、日本のノウハウを活用した新たな交通システムを整備します。それに先立つ2014年12月18日には、トゥーヤモット市とビンズン新都市を結ぶ道路の片側4車線工事が完成し、ビンズン省では初めてとなる、バス優先レーンが設けられることとなりました。
(参考:東急ホームページ http://www.tokyu.co.jp/company/news/list/?id=2183、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2014/12/19/239980.html)

|

« 阪急京都線に京都の名所旧跡を散りばめたラッピング列車が登場 | Main | 西鉄北九州線、完全に消滅 »

海外」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ベトナムに東急バス:

« 阪急京都線に京都の名所旧跡を散りばめたラッピング列車が登場 | Main | 西鉄北九州線、完全に消滅 »