« 貴重な存在となった、北の夜行列車に乗る(4) | Main | 貴重な存在となった、北の夜行列車に乗る(6) »

貴重な存在となった、北の夜行列車に乗る(5)

 今日(29日)の宿も夜行列車、当然ながら風呂はない。広々としたお風呂に入りたかったので、インターネットで見つけた「おふろcafe」に行く。上尾駅東口から東武バスに乗る。大宮駅東口まで高崎線に沿って走る路線で、日中は1時間に6本もある。便利な路線だ(平日の場合、休日は1時間に5本)。こういうJRに並行する路線バスは、鉄道が不便だった国鉄時代なら多かっただろうが、JRとなってからは減ったと思っていただけに、これほどもあるとは意外だ。バスの乗客はあまりいないものの、乗り降りが頻繁にあり、公共交通機関として利用されていることはよくわかる。バスに乗ること15分、宮原一丁目で降りる。「Suica」で払ったため、288円という中途半端な金額が差し引かれた。

 「おふろcafe」は宮原一丁目から高崎線を越えたところにある。歩いて7分ぐらいか? 「おふろcafe」は食事はもちろん、宿泊もできるが、今回は風呂に入るのが目的だったので、60分500円のコースにする。風呂は温泉だが、どこかから運んでいるようで加水、加温、循環そして殺菌している。温泉としては満足できないが、500円のスーパー銭湯と思えば腹は立たない。バス停近くのチェーンの中華料理店で晩にする。また宮原一丁目から大宮駅東口行きのバスに乗ったが、大宮はターミナル駅で、繁華街。駅に近づくにつれてノロノロ運転、大宮駅東口まで15分少々かかった。帰りは渋滞のない、新交通システムのニューシャトルにしたほうがよかったかもしれない。216円を「Suica」で払う。

 埼京線で新宿まで行き、「ムーンライト信州」に乗る。189系の6両編成で、満席である。本当なら名古屋に一直線の「ムーンライトながら」に乗りたかったが、満席で取れなかったのだ。そのいわば第二希望の「ムーンライト信州」も乗車日には埋まっていたのだ。指定された席に座り、一夜を過ごす。夜明け前の信濃大町で下車、朝食を買うため、コンビニに寄りたかったが、近くになく、しかも雪が積もっていたので、断念。

 信濃大町からは来た道を戻るのみ。信濃大町5:32発の松本行き(E127系、4両編成)に乗り、松本へ。松本6:32発の立川行きに乗れば、塩尻で中津川行きに追いつく。立川行きは211系の6両編成、珍しいセミクロスシート車だ。塩尻で急いで新聞と朝食用のパンを買い(もう少し余裕があれば立ち食いそばにしたかった)、6:53発の中津川行きへ。この中津川行きも211系(3両編成)だった。しかもロングシート。転換クロスシートの313系を期待していたので残念。ただ、3両のロングシートにはそれなりに客がいる。2両編成の313系だと少々窮屈だったかもしれない。この中津川行き、通しで乗っている人が主体だが、途中での乗り降りもある。木曽福島で降りる人が目立つ。木曽の中で中心的な存在であることが伺える。

 中津川からは名古屋の通勤圏。電車もいつも見かけるもの。ここで年末の旅行記を締めくくるとしよう。(続く)

|

« 貴重な存在となった、北の夜行列車に乗る(4) | Main | 貴重な存在となった、北の夜行列車に乗る(6) »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 貴重な存在となった、北の夜行列車に乗る(5):

« 貴重な存在となった、北の夜行列車に乗る(4) | Main | 貴重な存在となった、北の夜行列車に乗る(6) »