« JR九州、100駅無人駅化など合理化推進 | Main | 「トレイン・オン・トレイン」も当面凍結 »

東武両毛地区にフリーパス

 今年(2015年)放送のNHK大河ドラマの主人公は、吉田松陰の妹、文。私も知りませんでしたが、前橋もゆかりの地となります。文の夫となる楫取素彦<かとりもとひこ>は、後に群馬県令(今風に言えば群馬県知事)となり、前橋に着任するのです。

 そんな両毛地区を訪れるのに便利なフリーパスが東武から発売されています。「ふらっと両毛 東武フリーパス」といい、東武の茂林寺前から先がフリー区間です。周辺の主要路線バスを含めて3日間乗り放題です。発駅からの往復乗車券もついて、浅草からの場合、大人2400円です。200以上の協賛店や施設での特典もついていますが、前橋は東武の路線がないこともあり、赤城からの上毛電気鉄道の運賃が別途必要です。なお、このフリーパスは期間限定の商品ではなく、従来から発売されているようです。

 前橋には、大河ドラマゆかりの地を回ることのできるバス、「街なか回遊バス」が運行されています。1月10日から2016年1月31日までの休日、年末年始に限り運行され、前橋駅を起点に中央前橋駅、県庁前(大河ドラマ館前)などを経由して前橋駅に戻ります。前橋駅発9:05から16:50の間に1日13本運行され、所要時間は28~30分です。関越交通のラッピングバスにより運行され、運賃は大人150円です。
(参考:東武ホームページ http://www.tobu.co.jp/file/pdf/b64754a055b2df612c8e4620b0385a06/hanamoyu.pdf?date=20150114131951)

|

« JR九州、100駅無人駅化など合理化推進 | Main | 「トレイン・オン・トレイン」も当面凍結 »

鉄道」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

東武」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東武両毛地区にフリーパス:

« JR九州、100駅無人駅化など合理化推進 | Main | 「トレイン・オン・トレイン」も当面凍結 »