« 訪日外国人向けにJR西日本と5大私鉄が共通乗車券をつくる? | Main | JR四国、「アンパンマントロッコ列車」を今年春にリニューアル »

東武東上線池袋-小川町間で8000系の運行終了

 103系と同じ1963年に登場し、712両がつくられた東武の8000系。通勤輸送に大きく貢献しましたが、さすがに製造開始から50年を経過したため、廃車が進んでいます。

 まだ残っているものもありますが、それらも支線に追いやられています。伊勢崎線の浅草側は2010年に運行を終了し、東上線池袋-小川町間でも1月17日をもって運行を終了します(東上線でも、小川町以遠や越生線では運行を継続します)。池袋-小川町間の運行終了で、都心の主要路線からは消えることになります。また、運行を継続する支線では長くても6両のため、10両編成という長い編成での運転もなくなります。

 池袋-小川町間での運行を終える理由は、新型ATCの投入によるもの。1月31日から川越市-小川町間で、2015年度中に池袋-川越市間で使用を開始します。東武としては初めてのシステムで、先行列車との間隔に応じてブレーキ制御を行うほか、曲線やポイントを通過する際、列車の速度を自動的に連続して制御することができ、列車の運行において更なる安全性の向上を図ることができます。さらに今回導入する新型ATCでは、踏切支障時の防護機能や停車駅の定位置停止、誤通過防止などの機能を持たせています。

 さすがに東上線池袋側で8000系が撤退するのは大きな話で、東武も記念のイベントを計画していますが、すでに満員で参加できないものもあります。

(追記)
 ところが2016年12月6日のことですが、試運転というかたちで8000系が東武東上線池袋駅まで走りました。ATCが8000系撤退の原因ならば、どうやって池袋まで来ることができたのでしょうか?
(参考:東武ホームページ http://www.tobu.co.jp/file/pdf/fbfd2d4614b89669a757c34c55cee946/141224_1.pdf?date=20141224182730、http://www.tobu.co.jp/news/、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2014/12/29/240648.html、http://response.jp/article/2014/12/24/240369.html、rail.jp http://railf.jp/news/2016/12/07/120000.html)

|

« 訪日外国人向けにJR西日本と5大私鉄が共通乗車券をつくる? | Main | JR四国、「アンパンマントロッコ列車」を今年春にリニューアル »

鉄道」カテゴリの記事

東武」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東武東上線池袋-小川町間で8000系の運行終了:

« 訪日外国人向けにJR西日本と5大私鉄が共通乗車券をつくる? | Main | JR四国、「アンパンマントロッコ列車」を今年春にリニューアル »