« 阪急宝塚線、3月21日にダイヤ改正 | Main | 常磐線福島第一原発付近の代行バス、1月31日から2往復運行 »

Peach、羽田-台北線を運行へ

 LCCのPeachは、夏にも羽田発着の航空路線を開設するようです。

 羽田を発着する国内の航空会社はANAなど6社がありますが、国内のLCCは今のところ、ありません。羽田の昼間の離発着回数が限界に達しているため、国交省は羽田はビジネス客が見込めるレガシーキャリアにし、観光客が多いLCCは成田を使わせる方針です。法令上の規定はどこにもないのですが、この指導に従うかたちで羽田発着を申請した国内のLCCはありませんでした。そもそも羽田の着陸料は成田の約1.4倍と高く、そのこともネックとなっていました。

 それなのにPeachは、羽田への乗り入れを申請し、国交省もそれを認める考えのようです。なぜ国交省は羽田へのLCCの乗り入れを認めることになったのでしょうか? それは、羽田を発着する時間が、滑走路に余裕のある深夜だからです。23~6時なら余裕があるのでそこに国際線を入れ、日本を訪れる外国人を増やすというのが国交省の考えだそうです。また、2014年11月からは深夜に国際線を運航すると、1年目は着陸料が半額に、2年目は3割引きになります。

 Peachは、夏にも羽田-台北線を運航する予定です。羽田発着の国内線は就航しないので、関空や那覇から機材を送り込み、台北を深夜に出発し、羽田を早朝に出るパターンのようです。ほかのLCCも深夜時間帯なら国交省は認める方針で、他社も就航を検討しているようです。

(追記)
 Peachの羽田-台北線は、8月8日に運航を開始しました。
(参考:朝日新聞ホームページ(会員登録要) http://digital.asahi.com/articles/ASH1J4DGQH1JULFA00P.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASH1J4DGQH1JULFA00P、タビリスホームページ http://tabiris.com/archives/peach-6/、マイナビニュース http://news.mynavi.jp/articles/2015/08/08/peach/)

|

« 阪急宝塚線、3月21日にダイヤ改正 | Main | 常磐線福島第一原発付近の代行バス、1月31日から2往復運行 »

飛行機、空港」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Peach、羽田-台北線を運行へ:

« 阪急宝塚線、3月21日にダイヤ改正 | Main | 常磐線福島第一原発付近の代行バス、1月31日から2往復運行 »