« 相模原市内の横浜線、地下化か? | Main | 名鉄瀬戸線に3300系 »

路面電車の富山駅高架下乗り入れも3月14日

 現在地平にある富山駅は、高架化されます。それによって、富山に2つある路面電車、富山地鉄と富山ライトレールは接続されます。

 この接続は以前にも書いたとおり、2段階で行われます。3月14日の北陸新幹線開業時点では、新幹線は高架でつくられますが、並行在来線部分は地平のままのため、富山地鉄だけが伸びます。現在の軌道から約160メートル伸ばされ、富山駅高架下に富山駅停留場ができ、富山地鉄の路面電車が乗り入れます(富山ライトレールは変わりません)。

 この路面電車の富山駅高架下乗り入れの日が決まりました。新幹線開業と同じ、3月14日です。開業記念式典は前日の3月13日に行われます。実は、路面電車走行空間の整備がすでに終わっているため(1月は信号設備試験や検査、2月は試運転を行います)、北陸新幹線よりも早く開業することも考えられていました。しかし、運転士の習熟運転に十分な時間を確保する必要があることや、(先行開業した場合)新幹線開業とともにJRの駅舎が仮駅舎から移り、改札と停留場を結ぶ動線が短期間で変わることから、新幹線開業日に合わせることにしたのです。

 ちなみに、路面電車の接続が完成するのは、並行在来線が高架化された後の2019年度になる見込みです。高架化工事及び軌道敷設工事に約4年かかるためです。さらに遅くなっています
(参考:Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141231-00015991-kitanihon-l16)

|

« 相模原市内の横浜線、地下化か? | Main | 名鉄瀬戸線に3300系 »

鉄道」カテゴリの記事

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 路面電車の富山駅高架下乗り入れも3月14日:

« 相模原市内の横浜線、地下化か? | Main | 名鉄瀬戸線に3300系 »