« 785系は789系に置き換え、キハ183系一部を除いて引退へ | Main | JR九州、100駅無人駅化など合理化推進 »

JR東日本も新幹線、在来線の車内販売を縮小

 列車における車内販売の縮小傾向は相次いでいますが、他社に比べると充実していたJR東日本も車内販売の縮小を行います。

 3月13日で車内販売がなくなるのは、新幹線が「なすの」、「たにがわ」、「つばさ」の山形-新庄間。在来線が「成田エクスプレス」。常磐線の3月14日にデビューする特急のうち、停車駅の多い「ときわ」には車内販売はありません。車内販売は駅の売店等の充実により減少していますが、今回車内販売が廃止になる列車はいずれも乗車時間が短く、特に売り上げの減少が著しかったのです。

 また、新幹線にはグリーン車乗客へのサービスを専門に行うスタッフ、「グリーンアテンダント」がいます。「はやぶさ」、「はやて」、「こまち」に乗車していますが、これも3月13日に終了します。「グリーンアテンダント」は、航空機との顧客獲得競争において、サービス向上のため、グリーン車でおしぼりやコーヒーを提供してきましたが、2011年にさらにグレードの高い「グランクラス」を導入したことなどにより終了します。

(追記)
 2016年3月28日からは、JR東日本と東武を直通する特急について、平日の車内販売を中止します。
(参考:JR東日本ホームページ http://www.jreast.co.jp/press/2014/20150110.pdf、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/ASH1J658HH1JUTIL03N.html、東武ホームページ http://www.tobu.co.jp/news/2015/995/)

|

« 785系は789系に置き換え、キハ183系一部を除いて引退へ | Main | JR九州、100駅無人駅化など合理化推進 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

東武」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR東日本も新幹線、在来線の車内販売を縮小:

« 785系は789系に置き換え、キハ183系一部を除いて引退へ | Main | JR九州、100駅無人駅化など合理化推進 »