« 仙石線全線運転再開及び仙石東北ライン開業は5月30日 | Main | 熊本電鉄「青ガエル」の後継は東京メトロ銀座線 »

八栗ケーブル、石の切符を発売

 四国霊場85番札所八栗寺への交通手段として知られている八栗ケーブル(運営会社は四国ケーブル)。四国唯一のケーブルカーです。距離で約700メートル、標高差で約170メートル離れた登山口駅と山上駅を約4分で結び、初詣の時期は大勢の参拝客でにぎわうようです。

 この八栗ケーブルですが、1964年12月に開業してから開業50周年を迎えました。このことを記念して2月1日から記念切符を売り出したのですが、地元特産の庵治石でつくられています。2台の車両を1本のワイヤーロープで結ぶケーブルカーと硬い庵治石をかけて「かたい絆」をテーマにしているのです。縦8センチ、横17センチの大きさで、ケーブルカーの車両や五剣山をデザインしています。約350グラム、値段は1枚3500円です。通常の往復運賃の約4倍です。ちゃんと使うこともできて、普通の切符と同様、購入日には山上駅まで1往復できます。

 200枚限定のこの切符(ロットナンバーが入っています)、ほしい人もいるでしょう。しかし、1日の朝5時から売り始めたこの切符は、9時前に完売しました。
(参考:四国新聞社ホームページ http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/locality/20150125000119、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/ASH163J1TH16PLXB003.html、八栗ケーブルホームページ http://www.shikoku-cable.co.jp/yakuri/photo.htm)

|

« 仙石線全線運転再開及び仙石東北ライン開業は5月30日 | Main | 熊本電鉄「青ガエル」の後継は東京メトロ銀座線 »

鉄道」カテゴリの記事

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 八栗ケーブル、石の切符を発売:

« 仙石線全線運転再開及び仙石東北ライン開業は5月30日 | Main | 熊本電鉄「青ガエル」の後継は東京メトロ銀座線 »