« ブルーライン快速は新羽-戸塚間で快速運転 | Main | 西鉄に食事つき観光列車 »

フランスTGV、次期車両はバーなし?

 フランスの高速鉄道、TGV。日本の新幹線のライバルともいえる列車です。

 このTGVですが、新型車両を運行することを考えています。2018年運行開始のこの新型TGVも、両端が機関車の10両編成、中間客車は連接方式で、2階建てです。これまで通り、アルストム社が製造します。

 ここまで見るとこれまでのと変わりないようですが、大きな特徴としては、車両価格が大幅に安くなること。品質は最新のものでありながら、1編成の値段は3000~3500万ユーロ(約43.5~50.8億円)になるようです。これまでのに比べると、30%ほど割安です。これによって、切符の値段も安くなるとみられています。

 今の2階建てTGVは1編成509席ですが、新型TGVは1編成500~600席、最大650席まで増やすことができるようです。ちなみに、2013年4月から運行を始めた格安TGV、「OUIGO」は634席。全席2等車で、バーは営業せずに荷物置き場として使っています。それでは、どうやって座席数を増やすのでしょうか? バーを廃止して、そこに座席を置くようなのです。バーは、日本の新幹線で言えばビュッフェに当たるもので、バー廃止の代替としては車内販売を想定しているとのことです。

 このようにバーなしの新型TGVを導入しようとしている背景には、TGVの収益性が低下していることが挙げられます。原因は、乗客数の減少、鉄道インフラを管理するRFFへの使用料の増加です。座席数を増やすため、今後のTGVは平屋にはしないようです。
(参考:「鉄道ジャーナル」2014年10月号 鉄道ジャーナル社)

|

« ブルーライン快速は新羽-戸塚間で快速運転 | Main | 西鉄に食事つき観光列車 »

鉄道」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フランスTGV、次期車両はバーなし?:

« ブルーライン快速は新羽-戸塚間で快速運転 | Main | 西鉄に食事つき観光列車 »