« 筑豊電鉄、「nimoca」を3月14日に導入、独自の割引も | Main | 天北線代替バスがタクシー転換? »

阪神梅田駅、改良でホーム幅拡大

 阪神の大阪側ターミナル、梅田駅は1906年に開業しました(1905年に開業したときの大阪側ターミナルは出入橋でした)。その後、1939年に地下化され、現在の位置となりました。現在は1日約16万人が使っています(2013年11月のデータ)。

 この梅田駅を改良するという話は以前にも書きましたが、それが実施に移されることになりました。76年ぶりの大工事です。3月3日に着工し、2022年度末完成予定です。総事業費は約83億円です。

 それでは、どのようなものになるのでしょうか? 現在の駅空間を北側(1番線ホーム側)に15メートル拡大させます。拡大した部分の上は、東西地下道となります(現在の東西地下道から北に移ります)。そして、拡幅されたところに新たに線路を敷設し、3番線を廃止してホーム2面を拡幅します。最大のホーム幅は6.4メートルから13.1メートルに、ホームの面積は2800平方メートルから約1.5倍の4100平方メートルとなります。これまで4番線まで4つの線路があり、北側から降車ホーム、1番線、乗車ホーム、2番線、降車ホーム、3番線、乗車ホーム、4番線、降車ホームとすべての線路を挟むかたちでホームがあります。改良後は、1番線、(幅の広い)乗降車ホーム、2番線、降車ホーム、3番線、(幅の広い)乗降車ホーム、4番線、ホーム(予備用?)となります。また、4番線を東に延伸し、6両編成に対応できるようにします。ホームには可動式ホーム柵を設置し、西改札口側にはエレベーター及びエスカレーターを新設します(2本ある乗降車ホームにそれぞれエレベーター1基とエスカレーター2基を新設し、バリアフリーに対応します)。また、東、西両改札口の駅務室等の配置変更を行うとともに、駅施設の美装化を行います。

 もっとも、改良後の駅の姿にはわからないことが多く、ミックスジュースが有名な半世紀近く続く梅田名物のジューススタンドが存続するかは不明です。
(参考:阪神電鉄ホームページ http://www.hanshin.co.jp/company/press/pdf/20150212-umedarenewal0212.pdf、産経WEST http://www.sankei.com/west/news/150219/wst1502190024-n1.html、毎日jp http://mainichi.jp/select/news/20150213k0000m040053000c.html)

|

« 筑豊電鉄、「nimoca」を3月14日に導入、独自の割引も | Main | 天北線代替バスがタクシー転換? »

鉄道」カテゴリの記事

阪神」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/61135519

Listed below are links to weblogs that reference 阪神梅田駅、改良でホーム幅拡大:

» 阪神梅田駅大改装工事関連の件を前振りに、「人に教えたくなる雑学のタネ 世界と日本の歴史編」 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3]
本題に入る前に、大阪のベタな場所が無くなっちゃうのは寂しいもんです。 デパ地下とは思えない立ち食いスペース。ある意味すごく関西的な。ほとんど利用してなかったけど、なくなると思うと少し寂しい>#10;60年近い歴史を持つ阪神百貨店の「スナックパーク」最終日…... [Read More]

Tracked on 2015.02.23 at 12:01 AM

« 筑豊電鉄、「nimoca」を3月14日に導入、独自の割引も | Main | 天北線代替バスがタクシー転換? »