« 梅小路蒸気機関車館は8月30日に閉館 | Main | 仙石東北ライン、最速は仙台-石巻間52分 »

南海バス、「PiTaPa」サービス導入地域拡大

 南海バスは、2014年4月1日から堺営業所、東山営業所の管内で「PiTaPa」が使えますが、4月1日から導入エリアが拡大することになりました。

 新たに導入されるのは、泉北営業所、光明池営業所、河内長野営業所。この3つの営業所で導入することにより、これまで堺市の北中部と大阪市、松原市でしかICカードは使えませんでしたが、堺市、大阪市、松原市、大阪狭山市、富田林市、河内長野市、千早赤阪村、泉大津市、和泉市を走る南海バス一般路線でICカードが使えるようになります(南海バスウイング南部が運行する東ヶ丘線(岸和田駅前-和泉中央駅間)を除きます。箕形-和泉中央駅間はICカードが使える便とつかえない便が混在することになります)。

 ICカードは「PiTaPa」に限らず、「ICOCA」「Suica」など主要交通系ICカードが利用できます。南海バス同士、あるいは南海バスと阪堺を一定の条件(1回目の精算から2回目の精算までの間が2時間以内)の下で乗り継げば、何度でも50円(子供20円)の乗継割引が適用されます。「PiTaPa」のみならず、「ICOCA」「Suica」ほかの主要9カードでも割引になります。南海や泉北など、鉄道との割引ができないのは残念なところです。「PiTaPa」ならではの割引としては、1回だけの乗車でも5000円バスカードと同じ割引(10.7%引き)になる「PiTaPa」利用額割引と、事前に登録することによって定期券並みの金額で乗り放題となる「PiTaPa」登録型割引もあります。導入エリア拡大により、これまで堺中心部だけだった「PiTaPa」登録型割引が泉北(泉ヶ丘、栂・美木多、光明池で2プランずつ)や高野線(金剛は2プラン、三日市町、美加の台に各1プラン)にも拡充されます。路線バス全線が対象となるものもあります。
(参考:南海バスホームページ http://www.nankaibus.jp/var/rev0/0000/6916/ICcard_20150224.pdf)

|

« 梅小路蒸気機関車館は8月30日に閉館 | Main | 仙石東北ライン、最速は仙台-石巻間52分 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 南海バス、「PiTaPa」サービス導入地域拡大:

» 【南海バス】PiTaPaサービス導入地域拡大を発表。同時にPiTaPa登録型割引も拡充(H27.4.1〜) [阪和線の沿線から]
既に昨年4月1日より南海バスの堺営業所・東山営業所の各路線では、PiTaPaなどのICカードが利用可能となっていますが、平成27年4月1日より、ICカード利用可能エリアが拡大されることが発 ... [Read More]

Tracked on 2015.02.27 07:51 PM

« 梅小路蒸気機関車館は8月30日に閉館 | Main | 仙石東北ライン、最速は仙台-石巻間52分 »