« JR東海キハ40系等、ミャンマーへ | Main | 桜交通、東京-相馬線を開設へ »

鹿児島市交通局、5月1日にダイヤ改正

 鹿児島市交通局は、5月1日の局舎、電車施設移転(現在の施設の老朽化に伴い、上荒田町のJT跡地に移転します)に伴い、ダイヤ改正を行います。

 通常は谷山から鹿児島中央駅前方面、そして鹿児島中央駅前方面から谷山への直通便はありませんが、朝夕には運転されます。しかも、5月1日のダイヤ改正で朝の谷山から鹿児島中央駅前方面の電車が3本から4本に増えるとともに、これまでなかった夕方の谷山から鹿児島中央駅前方面の電車、夕方の鹿児島中央駅前方面から谷山への電車が設定されます。夕方の谷山から鹿児島中央駅前方面の電車、夕方の鹿児島中央駅前方面から谷山への電車はそれぞれ4本、3本です。

 1系統、2系統の始発が繰り上げられるとともに、2系統の最終が延長されます。そして、2系統の平日の運行間隔が7分から6分に短縮されることにより、1系統と2系統が重なる鹿児島駅前-高見馬場間は平日、休日ともに1系統と2系統が交互に3分間隔で運行されることになります。昼間の時間帯には平日、休日ともに4台に1台は低床電車で運行されることになります。

 観光レトロ電車「かごでん」については、これまで年末年始を除いて休日のみに運行されていましたが、金曜日、祝日の前日、夏休み期間中の平日(祝日となる日以外の水曜日は除きます)にも運行されます。年末年始に運休することには変わりません。

 停留所の名称も5月1日に代わります。現在の交通局前は二中通に、新局舎に近い神田<しんでん>は神田(交通局前)になります。鹿児島市立病院もJT跡地に移転するため(局舎、電車施設の隣接地に移転します)、市立病院前は甲東中学校前に、たばこ産業前は市立病院前になります。

(追記)
 これまで「交通局前経由」と表示されていた1系統は、局舎、電車施設移転に伴い、「騎射場経由」と表示されます。2系統は、これまで通り「中央駅前経由」です。また、乗務員の交代は、新局舎に近い神田(交通局前)で行います。
(参考:鹿児島市交通局ホームページ http://www.kotsu-city-kagoshima.jp/topics/8596/、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2015/03/19/246982.html、マイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2015/03/18/593/、http://news.mynavi.jp/news/2015/05/11/482/)

|

« JR東海キハ40系等、ミャンマーへ | Main | 桜交通、東京-相馬線を開設へ »

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/61316327

Listed below are links to weblogs that reference 鹿児島市交通局、5月1日にダイヤ改正:

« JR東海キハ40系等、ミャンマーへ | Main | 桜交通、東京-相馬線を開設へ »