« Peachは仙台も拠点に、春秋航空は関空を拠点に | Main | 西日本シティ銀行、一定の条件を満たす年金受取者にJRシニア向け割引優待 »

JR北海道、キハ40系も置き換えか?

 JR北海道は2018年度までの5年間に約2600億円をかけて、安全対策の投資を行います。これまで2012~2016年度の5年間に740億円の安全対策の投資を行う予定でしたが、大幅に増やすことになりました。現場社員の提案や緊急性を踏まえたもので、新しい鉄道設備の導入など安全投資に約1200億円、北海道新幹線以外の修繕に約1400億円を投じます。

 安全投資のうち、約390億円は、老朽化した車両の更新です。JR北海道は老朽化したキハ183系を(一部を除いて)置き換える計画を持っています。この計画もパワーアップし、これまでの予定より1年早めて、2017年度までに終えます。0代の34両が対象で、キハ261系に置き換えられます。

 その後に行うのが、普通列車用の新型ディーゼルカーの製造。JR北海道にはローカル線を中心にキハ40系が140両ありますが、こちらも老朽化しているのです。2017年度から2年間で試作車をつくり、2019年度以降に量産し、順次更新します。(全国各地で活躍する)キハ40系はJR東海が全廃に向けて置き換えを始めていますが、それに続く動きとなるようです。2019年度以降は、キハ281系、キハ283系、721系の老朽取り替えに着手します。

 このほか、JR北海道が行う安全投資は、軌道のコンクリート枕木化(2018年度までに札幌-釧路間を完了させます)、新しい総合検測車の運用開始に100億円、橋やトンネルの適切な保全など土木関係に230億円、雪崩や落石の防止柵の設置、踏切設備の保安向上対策に110億円、社員研修センターの新設などに300億円などです。修繕は車両に400億円、軌道、土木に460億円、先送りしていた電気設備や建物の大規模修繕などに540億円をかけます。

(追記)
 経費削減のため、列車のスピードダウン継続や利用が少ない列車の削減も考えているようです。
(参考:北海道新聞ホームページ http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/598056.html、JR北海道ホームページ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150320-1.pdf)

|

« Peachは仙台も拠点に、春秋航空は関空を拠点に | Main | 西日本シティ銀行、一定の条件を満たす年金受取者にJRシニア向け割引優待 »

JR北海道」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/61286667

Listed below are links to weblogs that reference JR北海道、キハ40系も置き換えか?:

« Peachは仙台も拠点に、春秋航空は関空を拠点に | Main | 西日本シティ銀行、一定の条件を満たす年金受取者にJRシニア向け割引優待 »