« 日高線の復旧に要する費用は数十億円? | Main | JR北海道、キハ40系も置き換えか? »

Peachは仙台も拠点に、春秋航空は関空を拠点に

 成田を拠点化するなど、拡大を続けるPeach。新たな拠点を設けることになりました。

 新たな拠点は仙台。現在は関空からの便しかありませんが、ほかの行き先の国内線も設定し、国際線も就航します。夜間には機体1機の駐機も行います。2017年夏までの拠点化を目指します。

 そして、Peachのおひざ元の関空では、新たなLCCが拠点を置きます。その航空会社は中国の春秋航空。現在、関空からは中国の6都市に就航していますが、今月中に鄭州、西安、成都、泉州の4路線を増やし(これにより(大阪府南部の)泉州から(中国の)泉州に行く便ができます)、3機を夜間駐機させます。2020年までに関空から中国へ行く路線を20都市以上に増やし、夜間駐機も将来的には8~10機に増やします。海外のLCCが日本に拠点となる空港を置くのは初めてのことです。なお、系列の春秋航空日本は成田を拠点としているため、成田と関空を結ぶ便などを就航することを検討しています。

 また、関空の第2ターミナルはPeachが独占的に使っていましたが、2015年度中に春秋航空も移転します。すでに第2ターミナルは駐機場所が足らない状態で、新関空会社は第3ターミナル(2016年度下期稼働予定)を増設する構想を持っています。第3ターミナルが完成すると、春秋航空は第3ターミナルに移転します。
(参考:河北新報ホームページ http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150310_12020.html、http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150310_11030.html、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ03HOO_T00C15A3TJ1000/、マイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2015/03/04/182/)

|

« 日高線の復旧に要する費用は数十億円? | Main | JR北海道、キハ40系も置き換えか? »

飛行機、空港」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Peachは仙台も拠点に、春秋航空は関空を拠点に:

« 日高線の復旧に要する費用は数十億円? | Main | JR北海道、キハ40系も置き換えか? »