« 太宰府ライナーバス「旅人」、3月21日からほぼ倍増 | Main | 「マリンライナー」の車内改札を簡略化 »

宮古-室蘭間にフェリー

 八戸-苫小牧間(1日4往復)に航路を有する川崎近海汽船は、宮古-室蘭間にフェリー航路を開設する計画です。1日1往復で、2018年春に運航を開始する計画です。八戸-苫小牧間と同じ大きさの、旅客定員500人、トラック約70台の船を使うようです。

 鉄道が不便で、高速道路のない宮古にフェリーを運航するのには訳があります。トラック労働者の労働条件にとってこの航路が都合がよいのです。労働大臣告示「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」によれば、トラック運転手の1日の拘束時間は16時間が最大で、休息時間は継続して8時間以上が必要とされています。16時間働かせると、最低8時間の休息を与えないといけません。

 しかし、途中でフェリーを使えば、特例が使えます。フェリー乗船時間のうち2時間は拘束時間となりますが、残りは休息時間としてよいのです。つまり、10時間以上のフェリーなら、トラック業者の求める、その条件を満たすのです。八戸-苫小牧だと8時間なので、その条件には合いません。仙台あたりまで行けばその条件は満たしますが、効率的な船の運用ができません。20ノットで走ると10時間の宮古-室蘭航路はちょうどいいのです。港に2時間停泊して、1隻の船で運用することができます。一方が昼行、もう一方が夜行というパターンでしょうか?

 先ほど宮古には高速道路がないと書きましたが、計画はあります。2020年代前半には東北道とつながるようです。航路設定の話があるのは、そういうこともあるのでしょう。

(追記)
 宮古-室蘭間のフェリーは2018年6月に開設されます。現在八戸-苫小牧間航路に使用している「シルバ-クイーン」(旅客定員600人)を使い、毎日運航します。宮古発が8時発、室蘭発が20時発です。
(参考:室蘭民報ホームページ http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2015/03/11/20150311m_03.html、岩手民報ホームページ http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20150311_2、タビリスホームページ http://tabiris.com/archives/miyako-muroran/、北海道新聞ホームページ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0243556.html)

|

« 太宰府ライナーバス「旅人」、3月21日からほぼ倍増 | Main | 「マリンライナー」の車内改札を簡略化 »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宮古-室蘭間にフェリー:

« 太宰府ライナーバス「旅人」、3月21日からほぼ倍増 | Main | 「マリンライナー」の車内改札を簡略化 »