« 名古屋市交通局、利用者の少ない地域巡回バスを増発 | Main | リニアに伴い、美乃坂本駅は橋上化? »

JR東日本、2020年東京オリンピックまでの部分開業を断念?

 JR東日本は都心と羽田空港とを結ぶ「羽田空港アクセス線」を建設することを考えています。休止中の貨物線などを使い、東京、新宿、新木場と羽田空港とを結びます。

 もともとこの「羽田空港アクセス線」、2020年に東京オリンピックまでに全線開業できないので、空港近くに暫定的な駅を設置して、一部区間を部分開業する方針でした。しかし、予算の都合などからそれを断念し、オリンピックの輸送計画にも盛り込まれないこととなりました。

 なお、全線開業の目標時期は2024年となっていて、以前と話は変わらないようです。

(追記)
 JR東日本の冨田社長は7日の定例記者会見で、「羽田空港アクセス線」の暫定開業を引き続き検討中と話し、一部にあった断念説を否定しました。
(参考:FNNホームページ http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00289664.html、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL07H9W_X00C15A4000000/)

|

« 名古屋市交通局、利用者の少ない地域巡回バスを増発 | Main | リニアに伴い、美乃坂本駅は橋上化? »

鉄道」カテゴリの記事

飛行機、空港」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

首都圏私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR東日本、2020年東京オリンピックまでの部分開業を断念?:

« 名古屋市交通局、利用者の少ない地域巡回バスを増発 | Main | リニアに伴い、美乃坂本駅は橋上化? »