« 2015年の夏も「かがやき」増発 | Main | 京都市交通局、幼児何人乗っても無料 »

伊予鉄道、自転車を載せることができるバス、タクシーを運行

 2014年10月、国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ」が開催され、国の内外から約8000人のサイクリストが参加しました。このようなサイクリングのブームから、伊予鉄道は、2014年9月から「サイクルトレイン」の実証実験を行ってきましたが、4月4日からは本格運行することになりました。休日の郊外電車全線において利用できます(大手町、石手川公園、鷹ノ子の3駅は乗降不可です)。指定された場所に利用者が自転車を載せ、車内では自己管理にて対応します。積み込むことができるのは、1列車につき10台までです。運賃のほか、自転車1台につき100円が必要です。

 伊予鉄道の取り組みは電車だけではありません。系列のバスやタクシーでも対応します。バスは伊予鉄道が運行する松山-三崎特急線と、伊予鉄南予バスが運行する面河線。松山-三崎特急線は1日3往復のうち、1.5往復をサイクルラック付きバスで運行します。面河線は1日2往復をサイクルラック付きバスで運行します(面河-石鎚土小屋間は4~11月の休日のみ運行)。両路線とも、バス前方に装着された可倒式サイクルラック(1両につき2台まで積載可)に利用者が自ら積載します。運賃のほか、自転車1台につき100円が必要です。伊予鉄タクシーは小型車両5両が対応します。事前予約が必要で、9時から23時の間運行します。運行経路に制限はなく(高速道路は通行できません)、車両後部トランク内に収納されたタクシー用自転車用キャリアに運転士が積載します。1両につき1台限り積載できます。運賃のほか、自転車1台につき200円が必要です。
(参考:伊予鉄道ホームページ http://www.iyotetsu.co.jp/topics/press/2014-15_dple.pdf)

|

« 2015年の夏も「かがやき」増発 | Main | 京都市交通局、幼児何人乗っても無料 »

鉄道」カテゴリの記事

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

道路、車」カテゴリの記事

Comments

伊予鉄は今回,車両の塗装や駅名標デザインなども大きく変更してイメージアップを図るようです。四国一の歴史を感じさせるような,駅などの情景が失われてしますのはさみしいですが,スタイリッシュになって地元の利用者の方々には朗報でしょう。

Posted by: (yo) | 2015.05.26 12:55 PM

 (yo)さん、おはようございます。

* 伊予鉄は今回,車両の塗装や

 みかんの産地だけに、オレンジが目立ちます。
(参考:伊予鉄道ホームページ http://www.iyotetsu.co.jp/img/pdf/challenge.pdf

Posted by: たべちゃん | 2015.05.27 06:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 伊予鉄道、自転車を載せることができるバス、タクシーを運行:

« 2015年の夏も「かがやき」増発 | Main | 京都市交通局、幼児何人乗っても無料 »