« 阪九フェリー、連絡バスを和泉府中まで延長 | Main | 南海、130円で片道どこまででも乗車可能に »

タカラトミー、本物同様に磁石の力で浮いて動くリニアのおもちゃを開発

 タカラトミーは、本物同様に磁石の力で浮いて動くリニアのおもちゃ、「リニアライナー」を9月に発売します。モーターなどはなく、純粋に磁石同士の反発のみを推進力としています。このように(実際のリニアのように)磁石の力で浮いて動くのは、世界でも初めてのようです(タカラトミーのプラレールにもL0系はありますが、こちらは浮上せず、普通に車輪で走ります)。

 「リニアライナー」もモデルは、JR東海が開発しているL0系。「リニアライナー」は、車両(4両編成)、楕円形の高架レール(ポイントはありません)、駅などがセットになっています。橋やトンネルもあり、橋はリニア実験線にある小形山架道橋、トンネルは同じく実験線のトンネル緩衝工がモデルとなっています。レールの壁はプラスチック製となっていて、浮いて走る様子を見ることができます。リニアのスピードは時速6~7キロですが、実物に換算すると時速500キロを超えます。

 先ほども書いたように発売時期は9月ですが、すでに予約を受け付けています。希望小売価格は税込み37800円、購入するのは大人を想定しています。初回分はリニアライナーマガジンがついています。
(参考:タカラトミーホームページ http://www.takaratomy.co.jp/products/linearliner/index.html、朝日新聞5月27日朝刊 中部14版)

|

« 阪九フェリー、連絡バスを和泉府中まで延長 | Main | 南海、130円で片道どこまででも乗車可能に »

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/61654426

Listed below are links to weblogs that reference タカラトミー、本物同様に磁石の力で浮いて動くリニアのおもちゃを開発:

« 阪九フェリー、連絡バスを和泉府中まで延長 | Main | 南海、130円で片道どこまででも乗車可能に »