« 常磐道常磐富岡-浪江間にインターチェンジ2か所追加 | Main | 会津田島-只見間にツアーバスを運行中 »

京王、「有料座席列車」の運行を検討

 京王は8日、2015年度から2017年度までの3か年の京王グループ中期経営計画を策定したことを発表しました。

 そこでの目玉は、「有料座席列車」の運行の検討。京王には特急から各停までさまざまな種類の列車が走っていますが、特急料金等は必要なく、すべて運賃だけで乗車できます。そのような「有料座席列車」になるかはこれから検討を開始するということです。

 京王がそのような「有料座席列車」の運行を検討するのは、ライバルのJR東日本中央線にグリーン車を連結するという話が大きく影響しているのではないでしょうか? 中央線のグリーン車はそういうインパクトのある話だったのです。

 どのような車両になるのか(京王の車両はロングシートばかりです。専用の特急車両をつくるのか、東武の「TJライナー」のような通勤車両としても使える車両になるのか?)、どのような運行形態になるのか(日中からある程度走らせるのか、朝夕の「ホームライナー」的な存在になるのか、高尾山への観光用に走らせるのか?)、料金はいくらぐらいになるのか、まったくわかりません。何もわからないだけに、楽しみとも言えます。
(参考:レスポンスホームページ http://response.jp/article/2015/05/08/250709.html)

|

« 常磐道常磐富岡-浪江間にインターチェンジ2か所追加 | Main | 会津田島-只見間にツアーバスを運行中 »

京王」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/61561294

Listed below are links to weblogs that reference 京王、「有料座席列車」の運行を検討:

» 【京王電鉄】京王グループ中期3ヵ年計画で有料座席列車の導入の検討を発表 [阪和線の沿線から]
京王電鉄では、グループの中期3ヵ年計画(2015年度〜2017年度)を下記のとおり発表しました。 京王グループ中期3カ年経営計画(2015年度〜2017年度) 〜向上と拡大に向けて ...... [Read More]

Tracked on 2015.05.11 at 08:16 PM

« 常磐道常磐富岡-浪江間にインターチェンジ2か所追加 | Main | 会津田島-只見間にツアーバスを運行中 »