« 山田線宮古-釜石間の開通は2018年度に、部分開通はせず | Main | たま駅長、死去 »

東京から成田空港まで、たったの200円

 京成バス等が運行する、東京都心と成田空港を結ぶ高速バス、「東京シャトル」。2012年7月に運行を開始しましたが、4月16日に累計の乗客数が200万人を超えました。

 このことを記念して、すでに「東京シャトルお客様”2”00万人達成キャンペーン」の第1弾を実施しましたが(「楽天トラベル」から予約する人先着2万人に100円クーポンを配布するものでした。予定数に達したため、5月末に終了しています)、第”2”弾を実施することになりました。

 第2弾の内容は、2に因んだものばかり。まずひとつは、東京発のすべての便において、各便先着2人に限り、成田空港までの片道運賃がたったの200円となる「東京⇒成田間 ”2”00円!キャンペーン」、もうひとつは、成田空港第3ターミナル5:55発、6:15発の早朝2便のみ、片道運賃が1000円から800円になる「成田発早朝”2”便限定 ”2”00円引きキャンペーン」です。「東京⇒成田間 ”2”00円キャンペーン」は、7月1日~20日乗車分について、「発車オーライネット」及び「楽天トラベル」で予約した、各便先着2人の運賃が200円になるものです。「成田発早朝”2”便限定 ”2”00円引きキャンペーン」も、、7月1日~20日乗車分について、成田空港第3ターミナル5:55発、6:15発の早朝2便のみ、予約していない人の片道運賃が1000円から800円になるものです(予約して決済までした人の運賃は900円なので、それよりも安くなります)。こちらは人数の制限はありません。

 実はこのキャンペーン、学生のアイデアが元になっています。成田空港活用協議会主催で3月に実施された、学生アイデアコンテスト(県内外の学生25人が5班に分かれて参加しました)において審査員特別賞を受賞した、学生リピーターの創出を目的とするPR策「東京都心~成田空港間の交通費0円キャンペーン」を元にしたものです。学生運賃を一定期間無料にして空港の利用を増やし、成田空港の認知度を高めようとするものです。最優秀賞に輝いた案は成田空港活用協議会の予算で事業化がすすめられていますが、それよりも一足先に実現することになりました。
(参考:京成バスホームページ http://www.keiseibus.co.jp/info/upfiles/3186cbe5b94ed2cf13bdf70a657dbcd5.pdf、千葉日報ウェブ http://www.chibanippo.co.jp/news/economics/260959)

|

« 山田線宮古-釜石間の開通は2018年度に、部分開通はせず | Main | たま駅長、死去 »

飛行機、空港」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京から成田空港まで、たったの200円:

« 山田線宮古-釜石間の開通は2018年度に、部分開通はせず | Main | たま駅長、死去 »