« 関空から梅田へのバス、24時間運行へ | Main | 山陽電鉄、直通特急にも対応できる6000系導入 »

名古屋駅中央コンコースに在来線改札口移転

 名古屋駅の在来線改札口はいくつかありますが、そのひとつに太閤通北口改札があります。新幹線北口改札の北側(新大阪寄り)にいくつか飲食店等がありますが、そのエリアにある改札口です。知っていないとわからないような改札口です。

 ところが、中央新幹線名古屋駅建設の準備工事の一環として、この飲食店が集まるエリアが使えなくなり、太閤通北口改札も閉鎖されます。閉鎖の時期は2016年1月ごろです。

 代わりに中央コンコースに改札口が設置されます。新しい改札口が設置されるのは、きっぷうりばの横、指定席券売機のあったエリアで(5月15日に使用停止しました)、太閤通北口改札が閉鎖される2016年1月ごろに使用を開始します。在来線には北、中央、南の3つの通路がありますが、新しい改札口はこのうち北通路につながります。自動改札機が5台、通路は6通路あります(1通路は有人改札)。太閤通北口改札は自動改札機4台、通路数5通路(1通路は有人改札)なので、若干規模が大きくなります。人通りの多い中央コンコースに設置される改札口なので、多くの人の利用が見込めるでしょう。なお、指定席券売機ですが、中央コンコースの真ん中にある、現在指定席券売機が並んでいるエリアに増設するかたちで、5月15日に使用開始しました。

(追記)
 太閤通北口改札は2016年1月15日に閉鎖され、翌16日から新改札口、中央北口の使用を開始しました。
(参考:JR東海ホームページ http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000026624.pdf、朝日新聞1月17日朝刊 中部14版)

|

« 関空から梅田へのバス、24時間運行へ | Main | 山陽電鉄、直通特急にも対応できる6000系導入 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 名古屋駅中央コンコースに在来線改札口移転:

« 関空から梅田へのバス、24時間運行へ | Main | 山陽電鉄、直通特急にも対応できる6000系導入 »