« 後藤総合車両所で通常業務を見ることのできるツアー | Main | 関空から梅田へのバス、24時間運行へ »

噴火湾を横切る遊覧船

 北海道新幹線で北海道にやってきた観光客を胆振、日高管内に呼び込もうと、胆振、日高管内の自治体や観光協会、商工会議所が2013年に設置した「北海道新幹線×日胆地域戦略会議」(加盟68団体)は、この夏、渡島と胆振管内を遊覧船で結ぶ、「噴火湾横断観光ルート」の実証実験を行います。

 森港と室蘭港を結ぶルートが有力で、噴火湾を一直線に横切るため、所要時間の短縮が期待されます。しかも、このルートは国内有数のイルカ・クジラ観察適地でもあります。室蘭港周辺は海流が安定しているうえにえさが豊富であり、6~8月の凪の日なら、9割近い確率でイルカに出会うことができると言われています。このようなクジラ類ウオッチングの時間を入れても、森-室蘭間の所要時間は約1時間40分で、高速を車で走るときに比べて30~40分ほど短縮されます。

 北海道新幹線は2030年度に札幌までの全線が開業する予定ですが、在来線と異なり、倶知安を経由し、胆振を経由しません。将来においても、北海道新幹線で北海道にやってきた観光客等が胆振、日高管内に来ないという危険性があります。そこで、速達性と観光を兼ね備えた遊覧船の構想が出てきたのです。
(参考:北海道新聞ホームページ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0137813.html)

|

« 後藤総合車両所で通常業務を見ることのできるツアー | Main | 関空から梅田へのバス、24時間運行へ »

鉄道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 噴火湾を横切る遊覧船:

« 後藤総合車両所で通常業務を見ることのできるツアー | Main | 関空から梅田へのバス、24時間運行へ »