« JR北海道島田社長、「はやぶさ」の宇都宮停車に否定的 | Main | 山陽新幹線全線開業40周年で、「こだま」がお得に »

新橋駅に大きな屋根が架けられる

 実は東海道線新橋駅では、バリアフリー設備整備、耐震対策及び駅構内の混雑緩和(コンコースが南北に分断され、かつ狭いことから混雑しています)を目的とした改良工事を2010年11月から行っています。

 その一環として、新橋駅に大きな屋根が架けられることになりました。従来の屋根の一部は取り外され、京浜東北線、山手線、東海道線の合計6本の線路を跨ぐ、明るい開放感のある大屋根を架けます。5月下旬ごろからこのような姿になったようです。

 新橋駅の改良工事はまだまだ続きます。京浜東北線北行きのレンガアーチの耐震工事のほか、汐留側と烏森口側の東西コンコースの一体化、バリアフリー化、上野東京ラインの開通に伴う混雑緩和などを引き続き行います。
(参考:railf.jp http://railf.jp/news/2015/05/30/210000.html、JR東日本ホームページ http://www.jreast.co.jp/press/2010/20100901.pdf)

|

« JR北海道島田社長、「はやぶさ」の宇都宮停車に否定的 | Main | 山陽新幹線全線開業40周年で、「こだま」がお得に »

JR東日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/61673206

Listed below are links to weblogs that reference 新橋駅に大きな屋根が架けられる:

« JR北海道島田社長、「はやぶさ」の宇都宮停車に否定的 | Main | 山陽新幹線全線開業40周年で、「こだま」がお得に »