« 北陸新幹線、開業3か月間の利用者数 | Main | 西鉄(鉄道、バス)と福岡市交通局、乗継割引を検討 »

JR西日本宮島フェリー、新船を建造

 宮島には古くから国鉄が航路を開設していて、分割民営化以降もJRに引き継がれています(現在はJR西日本宮島フェリーが運航)。JR西日本宮島フェリーは、3隻の船を所有していますが、そのうち「ななうら丸」はもっとも古く、国鉄時代の1987年2月に就航しています。

 そこでJR西日本宮島フェリーは、老朽化した「ななうら丸」の代替船を建造することになりました。2016年11月上旬に就航予定の新しい船の名前も「ななうら丸」です。前後ともに操縦装置やプロペラがある両頭フェリーで(これで宮島航路の3隻ともに両頭フェリーとなります)、定員は800人(車を積載しない場合の数字、ほかの2隻も800人です)、車を6台積むことができます。全長37.5メートル、全幅10.0メートル、総トン数275トン、速力は9ノットです。現在の「ななうら丸」は全長31.0メートル、全幅8.5メートル、総トン数196トン、最大定員675人、車両最大積載数13台なので、船を大きくし、さらに車両最大積載数を減らしたうえで、定員を増やしています。

 新しい「ななうら丸」は、安全性や環境性能の向上は当然のこととして、2006年に建造された「みやじま丸」と同じように、広々としたバリアフリートイレを完備することとします。快適性と豪華性を向上させるとのことです。なお、現在の「ななうら丸」は2016年10月下旬ごろまで運航します。
(参考:JR西日本ホームページ http://www.westjr.co.jp/press/article/2015/07/page_7327.html、タビリスホームページ http://tabiris.com/archives/nanaura/)

|

« 北陸新幹線、開業3か月間の利用者数 | Main | 西鉄(鉄道、バス)と福岡市交通局、乗継割引を検討 »

」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR西日本宮島フェリー、新船を建造:

« 北陸新幹線、開業3か月間の利用者数 | Main | 西鉄(鉄道、バス)と福岡市交通局、乗継割引を検討 »