« 熊本電鉄7月11日ダイヤ改正、5000形の運行日 | Main | 「IGR・青い森鉄道フリーきっぷ」は片道だけでもお得 »

大阪市交通局、リフレッシュ時に路線ごとに車内デザイン一新

 大阪市交通局は、大阪市営地下鉄の車内デザインを一新します。

 大阪市交通局では、これまで地下鉄車両の寿命を40年とし、その半分の20年を経過した時点で、主要機器などの更新を行っています。そのとき、車内については、新造時の鮮やかさを取り戻す美装化を行うとともに、座席のバケットシート化、手すりの増設などのリフレッシュ改造を行ってきましたが、このたび、乗客にも「楽しく」「喜んでいただけるものを」という観点から、今後リフレッシュ改造するものについて、車内デザインを一新することになりました。131編成中86編成が対象となります。各路線共通のデザインコンセプトは、「明るさ・親しみ・楽しみのある車内」。車体デザインに、路線の特徴、沿線の魅力、路線ごとのカラーイメージを取り入れます。

 それでは、各路線ごとに見ていきましょう。まず御堂筋線は連結ドアと床をラインカラーである赤で塗り、座席仕切は、御堂筋のイチョウ並木をイメージした木目柄となっています。乗降ドアはイチョウ並木をイメージした新緑のイチョウ柄です。中央線は、床をラインカラーである緑で塗り、乗降ドアと座席仕切には、海遊館をイメージしてでしょうか、キュートな魚柄が描かれています。路線図をデフォルメした魚です。堺筋線は、連結ドアに動物のシルエットが描かれています。運転席との仕切り戸にも描かれています。ドアはヒョウ柄となっています。開園100周年を迎えた天王寺動物園から来ているのでしょうか? 長堀鶴見緑地線は、吊り手やさや、床を桜色に、乗降ドアには咲き誇る桜が描かれています。大阪城公園の桜でしょうか? 車体の外にも桜色に塗られているところがあります。

 一新された車内デザインの車両は、7月下旬ごろから長堀鶴見緑地線で1編成目が走り始め、その後、堺筋線、中央線、御堂筋線、谷町線(デザインの内容は今回は発表されていません)の順で導入します(導入の際には、その都度発表されます)。また、ニュートラムには2016年度に新型車両200系を導入しますが、そのときに子供の笑顔をイメージしたデザインを施します。

(追記1)
 余談ですが、堺筋線は当初、大阪天満宮をイメージした「和」のデザインにする予定だったようです。

(追記2)
 四つ橋線もデザインを一新します。四つ橋線の名前は、二つの川が交わるところにある4つの橋の愛称、四ツ橋に因んでいます。その4つの橋をモチーフとし、色を四つ橋線らしくブルーにしています。
(参考:大阪市交通局ホームページ http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/general/announce/w_new_info/w_new/list_h27_all/20150625_chukankoshin.html、http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/general/announce/w_new_info/w_new/list_h29_all/20170713_23kei.html、大阪日日新聞ホームページ http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/150626/20150626033.html、マイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2015/06/25/808/)

|

« 熊本電鉄7月11日ダイヤ改正、5000形の運行日 | Main | 「IGR・青い森鉄道フリーきっぷ」は片道だけでもお得 »

鉄道」カテゴリの記事

大阪市高速電気軌道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大阪市交通局、リフレッシュ時に路線ごとに車内デザイン一新:

« 熊本電鉄7月11日ダイヤ改正、5000形の運行日 | Main | 「IGR・青い森鉄道フリーきっぷ」は片道だけでもお得 »