« 気仙沼線BRT、ほとんどが専用道に | Main | 阪堺天王寺駅前付近の移設は2017年1月 »

台湾に電池式スクーター

 電気で動く車はたくさんありますが、ネックは充電。充電には時間がかかり、その間は動かすことができません。

 そこで台湾で生まれたのは電池式のスクーター。拠点で電池(重さ9キロのもの2個)を換えるだけで、あっという間に完了です。10秒もかかりません。交換された電池は充電し、次の客に備えます。フルに充電すれば、約100キロ走ります。

 この電池式スクーターを発売しているのは、台湾のベンチャー企業。6月末から売り始めています。実は、電池式スクーターの走行に必要な電池、個人のものではありません。台北など2市に約70か所ある電池ステーションで借りるというかたちをとります。スマートフォンの専用アプリで電池の残量を確認したり、電池ステーションでの交換を予約したりすることができます。電池式スクーターの値段は約12.8万台湾ドル(約50万円)と高いのですが、政府の補助金を活用すれば、競争できる水準になるようです。発売元は、今年中に電池ステーションの数を150か所に増やす予定です。

 この電池式スクーター、世界進出の野望もあります。アジアやヨーロッパが対象で、日本も含まれています。自転車で移動するには規模が大きすぎる、大阪や京都ぐらいの規模の町がターゲットとなるようです。

 ところで、この電池式スクーターのアイデア、普通の乗用車でもできれば面白いでしょう。ガソリン車のようにすぐに充電できて、走り出すことができます。ただ、やるとすればどれぐらい電池がいるのでしょうか?
(参考:朝日新聞8月4日朝刊 中部14版)

|

« 気仙沼線BRT、ほとんどが専用道に | Main | 阪堺天王寺駅前付近の移設は2017年1月 »

海外」カテゴリの記事

道路、車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 台湾に電池式スクーター:

« 気仙沼線BRT、ほとんどが専用道に | Main | 阪堺天王寺駅前付近の移設は2017年1月 »