« 万葉線の「ドラえもん電車」、2018年8月まで延長 | Main | 「PiTaPa」で大阪市営地下鉄20%引き »

相鉄、8月23日貨物線に旅客列車を走らせる

 相模鉄道には、相鉄本線、いずみ野線のほか、厚木線という路線があります。相鉄本線かしわ台-海老名間にある相模国分信号所からJR東日本相模線の厚木駅に至る2.2キロの路線です。しかしこの厚木線、日ごろは乗ることができません。貨物線だからです(実際には貨物列車すら運行されず、厚木駅に隣接する留置線(厚木操車場)に車両を留置するための回送ルートとして使われているほか、新造車両の搬入ルートとしても使われます)。ところが、8月23日に限り、この貨物線の厚木線に乗車することができます。「相鉄厚木線 乗車体験会」です。夏休み特別企画として、かしわ台から相模国分信号所を経由し、厚木操車場までの臨時列車を運行します。

 臨時列車はかしわ台から厚木操車場まで行き、再びかしわ台に戻る3往復が運行されます(乗降はかしわ台のみで、厚木操車場では乗降できません)。かしわ台11:05発、13:45発、14:45発で、所要時間は26分です。3便とも先着600人に限り乗車することができます(雨天決行ですが、荒天、事故災害時は中止になることがあります。また、座席指定ではないので、座れないこともあります)。

 この臨時列車に乗るには、8月23日分の「相鉄・鉄道全線1日乗車券」(1日乗車券は7月18日から8月31日までの期間限定、大人620円)を購入する必要があります。券売機で購入できます。人気の集中しそうな、1号車、10号車に乗車を希望する人は、発車30分前にかしわ台西口(改札外)コンコースに集合する必要があります。定員は各車両40人ずつです。その他の車両に乗車を希望する人は、出発の15分前までにかしわ台2番線ホームに集合します。なお、乗車中は車両間の移動ができません。また、臨時列車は3往復運行されますが、乗車できるのは1日乗車券1枚につき1回限りです。

(追記)
 相模鉄道は2016年8月21日にも、同様のイベントを行います。1日3本の運行(かしわ台11:15、13:15、15:15発)、「相鉄・鉄道全線1日乗車券」が必要なことは変わりありませんが、乗車できる人数が各回500人に減る一方、1号車、10号車に乗車できる人数が50人ずつと増えています(出発20分前までにかしわ台西口(改札外)コンコースに集合する必要あり)。
(参考:相模鉄道ホームページ http://www.sotetsu.co.jp/train/info/249.html、http://www.sotetsu.co.jp/train/info/303.html、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2015/08/16/257989.html)

|

« 万葉線の「ドラえもん電車」、2018年8月まで延長 | Main | 「PiTaPa」で大阪市営地下鉄20%引き »

鉄道」カテゴリの記事

相模鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 相鉄、8月23日貨物線に旅客列車を走らせる:

« 万葉線の「ドラえもん電車」、2018年8月まで延長 | Main | 「PiTaPa」で大阪市営地下鉄20%引き »