« 大船渡魚市場前にBRT新駅 | Main | 京都市交通局、四条通を通るバスに車掌を乗せる? »

東武でSL復活へ

 各地でSLを復活させる動きはありますが、ここに新たな鉄道が加わりました。

 それは、東武。東武は「東武グループ中期経営計画2014~2016」で、日光・鬼怒川地区等の沿線観光地の活性化を挙げています。そのためのアイテムとして、SLを復活することを発表しました。実現すれば、約50年ぶりに復活することになります。大手私鉄に広げても、1984年に運行を終えた西武山口線以来、約30年ぶりです。

 SLの運行区間は東武鬼怒川線下今市-鬼怒川温泉間(12.4キロ)、東武随一の観光地である日光・鬼怒川地区の活性化に役立ちそうです。そして、使用するSLは、C11形207号機。JR北海道所有の車両です。1941年に日立製作所笠戸工場で製造され、その後はずっと北海道で使用されてきました。1974年にいったん廃車され、北海道日高郡静内町(現:新ひだか町)で静態保存されてきましたが、2000年にJR北海道が復活させ、今に至っています。JR北海道の経営が厳しく、不要不急のSLを運行する余裕はありません。東武での復活運転は、SLの働き場所を用意するという意味でも、いい話なのかもしれません。

 東武は大手私鉄で、SLが走りそうなイメージは一見するとありません。しかし、歴史の古い私鉄で、明治時代に開業しています。最初はSLが使われていたのです。ピークの1947年には60両もいましたが、その後は徐々に減り、1966年6月26日の佐野線でのさよなら運転を最後にSLは全廃されました。C11も、2号機が1945年から1963年の間、走っていました。

 ダイヤ、料金、客車については未定です。客車は自前で用意するのか(自社の電車を改造することも含めて)、ほかから借りるかはわかりません。利用状況を見て、継続的に運行したいという考えを持っており、将来的には会津鉄道などへ乗り入れることも考えているようです。

(追記)
 JR北海道が東武に無償で貸し出すのは、将来的にはC11形207号機の運行を復活させる可能性があるからです。そのためには、どこかで走らせておいたほうが良いと判断したのです。
(参考:東武ホームページ http://www.tobu.co.jp/file/pdf/600f37f037a7d2fbc1d0fe205c15e469/150810.pdf?date=20150810092953、毎日jp http://mainichi.jp/select/news/20150811k0000m040043000c.html、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ10I4R_Q5A810C1TI5000/、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150810-OYT1T50093.html、タビリスホームページ http://tabiris.com/archives/tobu-sl/、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/ASH8046SWH80IIPE00L.html)

|

« 大船渡魚市場前にBRT新駅 | Main | 京都市交通局、四条通を通るバスに車掌を乗せる? »

JR北海道」カテゴリの記事

東武」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/62057837

Listed below are links to weblogs that reference 東武でSL復活へ:

» 東武鉄道、2017(平成29)年度からを目途に東武鬼怒川線で蒸気機関車の復活運転を発表 [kqtrain.net(京浜急行)]
 蒸気機関車(SL)の復活を目指します(2017年度目途)(PDF:453KB)|2015年度 | ニュースリリース | 東武鉄道ポータルサイト [Read More]

Tracked on 2015.08.14 at 04:36 AM

» 【東武鉄道】下今市〜鬼怒川温泉間でSLの復活運転を計画(2017年度を目処) [阪和線の沿線から]
ここのところ各地でSLの運転が見られるようになっています。 これまでのSLの運転は、JRグループ各社や、地方民鉄・第三セクター鉄道で運転されることが多かったのですが、この度首都 ...... [Read More]

Tracked on 2015.08.18 at 10:05 PM

« 大船渡魚市場前にBRT新駅 | Main | 京都市交通局、四条通を通るバスに車掌を乗せる? »