« 阪堺天王寺駅前付近の移設は2017年1月 | Main | 相鉄、8月23日貨物線に旅客列車を走らせる »

万葉線の「ドラえもん電車」、2018年8月まで延長

 高岡は作者の藤子・F・不二雄氏が少年時代を過ごしたところ。その高岡を走る万葉線には、「ドラえもん」のキャラクターを描いたラッピング電車、「ドラえもんトラム」が走っています。1編成が、一日平均8往復しています。「ドラえもんトラム」は「ドラえもん」に因んで、車体は青に塗られています。窓の下は赤い首輪に因んで、赤いラインが引かれています。ドアは「どこでもドア」風になっています。「ドラえもん」の生誕100年前に当たる2012年9月から1年間の予定で走り始めましたが、その後2015年8月まで運行が継続されています。

 その「ドラえもんトラム」ですが、作品の著作権を持つ藤子・F・不二雄プロなどとの間で話がまとまり、9月以降も2018年8月末まで運行が継続されることになりました。というのも、この「ドラえもんトラム」が人気だからです。台湾からの団体ツアー客など国内外の観光客が訪れ、7月15日現在で延べ41万人余りの乗車人数を数えています。

 先ほども述べたように、高岡は作者の藤子・F・不二雄氏が少年時代を過ごしたところです。12月1日には、高岡市美術館に藤子・F・不二雄氏の作品や足跡を発信する「ふるさとギャラリー」が開設されます。また、高岡市内の公園には「ドラえもん」のポストや銅像、作品に出てくる「ドラえもんの空き地」を再現した公園などが点在しています。「ドラえもんトラム」を降りても、「ドラえもん」を楽しむことができるのです。
(参考:YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/life/travel/rnews/20150805-OYT8T50054.html、中日新聞ホームページ http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2015080402100012.html、毎日jp http://mainichi.jp/area/toyama/news/20150804ddlk16040316000c.html)

|

« 阪堺天王寺駅前付近の移設は2017年1月 | Main | 相鉄、8月23日貨物線に旅客列車を走らせる »

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/62047683

Listed below are links to weblogs that reference 万葉線の「ドラえもん電車」、2018年8月まで延長:

« 阪堺天王寺駅前付近の移設は2017年1月 | Main | 相鉄、8月23日貨物線に旅客列車を走らせる »