« 柳川観光列車は「水都」、10月4日運行開始 | Main | 気仙沼線BRT、ほとんどが専用道に »

「花嫁のれん」は10月3日に運転開始

 10月から始まる北陸デスティネーションキャンペーンに合わせて七尾線金沢-和倉温泉間に特急「花嫁のれん」を走らせることは以前に書きましたが、その運転開始日が決まりました。10月3日です。

 秋季・冬季(2016年2月まで)の運転計画も決まっています。10月3日から2016年2月28日までの休日のほか、10月3日から12月29日までは、月曜日、火曜日、金曜日にも運転されます(12月8日を除きます)。北陸デスティネーションキャンペーンのためで、この期間は原則として水曜日と木曜日を除く、週5日運転されることになります。また、祝日と週末に挟まれた、2016年2月12日(金曜日)も運転します。2016年3月以降のダイヤは決まり次第、発表されます。

 運転日は、金沢-和倉温泉間を2往復します。「花嫁のれん1号」は金沢10:15発和倉温泉11:37着、「花嫁のれん3号」は金沢14:15発和倉温泉15:32着、「花嫁のれん2号」は和倉温泉12:07発金沢13:21着、「花嫁のれん4号」は和倉温泉16:30発金沢17:53着です。2往復とも途中、羽咋と七尾に停まります。また、「花嫁のれん1号」は、終点和倉温泉で、奥能登を観光するのに便利な能登半島定期観光バス「のと恋路号」(正月三が日を除く10月3日から2016年3月27日までの休日運転、北鉄能登バス運行)に接続します。恋路海岸・見附島、白米千枚田、輪島キリコ会館を経て、輪島ふらっと訪夢、和倉温泉駅(和倉温泉17:41発「能登かがり火10号」に接続します)、和倉温泉バスターミナルに行きます。

 話を「花嫁のれん」に戻します。「花嫁のれん」は全車普通車指定席で運転され、運賃・料金については「能登かがり火」など七尾線のほかの特急列車と同じです。つまり、北陸新幹線からの乗継割引、関西方面からの特急料金の通算が適用され、観光列車でも気軽に利用できます。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/2015/08/page_7479.html)

|

« 柳川観光列車は「水都」、10月4日運行開始 | Main | 気仙沼線BRT、ほとんどが専用道に »

JR西日本」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/62041697

Listed below are links to weblogs that reference 「花嫁のれん」は10月3日に運転開始:

» 【JR西日本】七尾線観光列車「花嫁のれん」の運転計画を発表。運転開始日は平成27年10月3日(土) [阪和線の沿線から]
こちらのエントリーでご紹介したように、七尾線ではこの秋より観光列車「花嫁のれん」が運行開始の予定となっていますが、この度JR西日本により「花嫁のれん」の運転計画が発表さ ... [Read More]

Tracked on 2015.08.18 at 10:07 PM

« 柳川観光列車は「水都」、10月4日運行開始 | Main | 気仙沼線BRT、ほとんどが専用道に »