« 「OKICA」、船にも導入へ | Main | 「米原ルート」を巡る京都府知事の発言 »

西武、ロングシートにもクロスシートにもなる40000系を投入

 西武は、2016年度から2019年度にかけて、新型通勤車両40000系を導入し、2017年春から順次運転を開始します。10両編成を8本つくります(2016年度は10両編成を2本新造予定)。

 40000系は、「スマイルトレイン」の愛称で親しまれている30000系の後継車両となるもので、「スマイルトレイン」の進化版となるものです。車両のカラーは、西武グループのコーポレートカラーを基調にしつつ、「山の緑と空の青」をイメージした西武沿線の風景や自然を感じさせるカラーリングを採用しています。車内で新たにできるのは、「パートナーゾーン」。池袋線の池袋寄り、新宿線の本川越寄りの先頭車1両に設けます。車いすやベビーカーを利用する人や、大きな荷物を持っている人も安心・快適に利用できるスペースです。運転台から見て最初のドアから二つ目のドアの間のスペースを広くとり、そこに車いすを固定することができる設備や軽く腰掛けることができる座席を中央部に配置するほか、子供たちが車窓の景色を楽しむことができるように、従来より窓を大きくしています。「パートナーゾーン」の設置は西武初の試みということですが、ほかに取り入れているところはあるのでしょうか? なお、車いすスペースは従来より拡大します。車内環境向上の取り組みとして、西武初となるシャープの「プラズマクラスター」を搭載します。各ドアの上には、情報配信装置「スマイルビジョン」を設置し、行先・停車駅・駅設備案内・ドア開方向及び運行情報を表示します。環境面については、アルミ合金による軽量化、VVVFインバータ制御装置、LED照明のほか、最新技術のモーターを使用することにより、従来の省エネ車両に比べて、電気使用量を約40%削減します。

 そして、ここが40000系の一番の特徴なのですが、一部の編成には、ロングシートにもクロスシートにもなる座席を、西武で初めて導入します。すでに近鉄や東武、JR東日本で取り入れているものですが、どのような列車に起用されるのでしょうか?
(参考:西武ホームページ http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2015/__icsFiles/afieldfile/2015/08/24/20150824_40000kei.pdf、http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2016/__icsFiles/afieldfile/2016/05/12/20160512setsubi_toushi.pdf、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2015/08/24/258532.html)

|

« 「OKICA」、船にも導入へ | Main | 「米原ルート」を巡る京都府知事の発言 »

鉄道」カテゴリの記事

西武」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 西武、ロングシートにもクロスシートにもなる40000系を投入:

» 【西武鉄道】新型車両40000系の導入を発表。2017年春から運転開始で一部編成には「ロング・クロスシート転換車両」を導入 [阪和線の沿線から]
西武鉄道では、新型車両「40000系」を2016〜2019年度に導入することを発表しました。 2017年春、新型通勤車両「40000系」デビュー(西武鉄道|ニュースリリース) 導入両数は80両(10両固 ...... [Read More]

Tracked on 2015.08.26 09:07 PM

» 西武、新型通勤車両「40000系」が2017(平成29)年春デビュー [kqtrain.net(京浜急行)]
 2017年春、新型通勤車両「40000系」デビュー!(PDF)|ニュースリリース:西武鉄道Webサイト [Read More]

Tracked on 2015.08.27 06:35 AM

« 「OKICA」、船にも導入へ | Main | 「米原ルート」を巡る京都府知事の発言 »