« 西武、ロングシートにもクロスシートにもなる40000系を投入 | Main | 羽田-富山・小松間の航空機、冬ダイヤは維持 »

「米原ルート」を巡る京都府知事の発言

 ようやく北陸新幹線敦賀以西のルートについて話し合う、与党の国会議員でつくる検討委員会がこの8月6日から始まったためでしょうか、敦賀以西のルートをどれにするかという動きが活発になっています。

 そんな中、山田京都府知事は17日に記者会見を行いました。これまで京都府を含む関西広域連合では「米原ルート」を要望していて、京都府も現時点ではその「米原ルート」を最優先にするという考えを示しましたが、「若狭ルート」を強く求める福井県の存在や、新幹線の運行主体となるJR西日本やJR東海がともに「米原ルート」に否定的な見解を示していることから、関西広域連合としても再検討が必要ではないか、という見解を示しています。

 確かに、「米原ルート」は欠陥だらけです。関西から遠く離れた米原で乗り換えを迫られるのでは、何のためにフル規格新幹線をつくったのかわかりません。敦賀-米原間の建設費だけで考え、目先の安さだけで決めてしまった話です。高速鉄道に冷淡な滋賀県を通るよりは、福井県をできるだけ通ったほうが、協力が得られるでしょう。そう考えると、(京都付近の駅をどこにするかはともかくとして)できるだけ若狭を通るようにしたほうがよいのかもしれません。
(参考:京都新聞ホームページ http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20150817000121)

|

« 西武、ロングシートにもクロスシートにもなる40000系を投入 | Main | 羽田-富山・小松間の航空機、冬ダイヤは維持 »

鉄道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

いずれのルートにせよ、FGTの実用化が困難な状況では、一気に大阪まで建設しない限り、直通問題をはじめ、何らかの問題が発生します。

ミニ新幹線とは逆の手法になりますが、新幹線の方を三線軌または四線軌にして、狭軌新幹線車両も走行させることも、そろそろ検討しないといけないでしょう。
四線軌は、ポイント構造が複雑になる面がありますが、大地震の脱線時に軌道逸脱の大惨事を防ぐ効果もあります。

それで、
・東京方面にはフル新幹線車両
・大阪・名古屋方面には狭軌新幹線車両
を運用すれば、直通問題は解消できますし、どのようなルートであろうと、途中開業(福井や敦賀、京都)であろうと、対応可能です。
(すでに開業している富山~金沢は諦めるか)

あとは、ウルトラC案として、
1北陸新幹線を米原ルートで建設
2中央リニアの名古屋~新大阪を「北陸新幹線扱い」で国が建設
3開業時にリニアと東海道新幹線(米原~新大阪)を交換
(リニアはJR東海に、米原~新大阪は北陸新幹線に編入)
という超法規的措置を特別立法でやるしかないでしょう。

Posted by: つばめ800 | 2015.08.27 01:07 PM

 つばめ800さん、こんばんは。

* 一気に大阪まで建設しない限り、直通問題をはじめ、

 大阪まで一気にできればいいでしょうが、実際には何回かに分けて完成するでしょう。フリーゲージトレインができればそれに越したことはありませんが、できなければ新八代でやっていたように、対面での接続をして、乗り換えの不便をできるだけ小さくしなければなりません。

 ただこれは、軌間の違う新幹線と在来線だから成り立つのであって、米原みたいな新幹線同士での乗り換えは論外です。

* 新幹線の方を三線軌または四線軌にして、

 その手段なら、新幹線ひと駅ごとに延伸できますが、遅かったのです。富山-金沢間をどうやって三線軌または四線軌にするかが課題です。

* あとは、ウルトラC案として、

 JR東海にはそういう柔軟な考えは期待できません。そういうのに新幹線を与えたのは間違いだったのでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2015.08.27 09:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「米原ルート」を巡る京都府知事の発言:

« 西武、ロングシートにもクロスシートにもなる40000系を投入 | Main | 羽田-富山・小松間の航空機、冬ダイヤは維持 »