« 大阪・京都-長野間に「青春ドリーム信州号」 | Main | 関西-北陸間の鉄道利用者は中京-北陸間の4倍以上 »

南大東島の鉄道は遊具扱いに

 南大東島で1983年までサトウキビを運んできた「シュガートレイン」を復活させるというは以前に書きましたが、南大東村は事業計画を見直しました。

 当初は鉄道事業法に基づいた本格的な鉄道にする予定でしたが、鉄道整備に必要な法律上の制約や線路用地の確保の難しさ、予算不足、採算などの問題から事業計画を見直し、公園内を走る遊具として観光列車を走らせることとなりました。遊具扱いなので、正式な意味での鉄道ではありません。

 遊具扱いの鉄道でも、一括交付金を利用し、ふるさと文化センターから池之沢の西港を結ぶ南大東村所有の「フロンティアロード」に約2.7キロの線路を整備します。観光列車の動力はバッテリーです。また、「シュガートレイン」の歴史を伝える鉄道博物館も建設します。2016年度に着手し、2018年度の完成を目指します。
(参考:@niftyニュース http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/ryukyu-20150909-248622/1.htm、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/articles/ASH945WY6H94TIPE02R.html)

|

« 大阪・京都-長野間に「青春ドリーム信州号」 | Main | 関西-北陸間の鉄道利用者は中京-北陸間の4倍以上 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

九州・沖縄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 南大東島の鉄道は遊具扱いに:

« 大阪・京都-長野間に「青春ドリーム信州号」 | Main | 関西-北陸間の鉄道利用者は中京-北陸間の4倍以上 »