« 南大東島の鉄道は遊具扱いに | Main | 日高線復旧金額は増える、工期は短縮 »

関西-北陸間の鉄道利用者は中京-北陸間の4倍以上

 北陸新幹線敦賀以西のルートについて、名古屋方面も利用しやすい「米原ルート」にするよう主張する人がいますが、現状でどれぐらい利用されているのでしょうか? 国交省が新幹線開業前の2013年度にまとめたものですが、意外な結果が出ました。

 関西圏(2府4県)と北陸3県の1日当たりの鉄道旅客流動数は16512人、内訳は福井県が7201人、石川県が6155人、富山県が3155人です。これに対して中京圏(3県)は3806人しかありません(内訳は福井県が1159人、石川県が1745人、富山県が901人)。4.3倍にもなっているのです。もちろん、滋賀県と福井県が隣り合っているので、単距離の需要があるかもしれませんが(福井県と関西圏の流動は、中京圏の6.2倍)、その影響がない石川県や富山県でも3.5倍ありますから(逆に富山県の場合は、飛騨地方との流動が中京圏との流動にカウントされています)、関西圏のほうが需要は圧倒しています。関西圏のほうが中京圏よりも多いことは当然でしょうが、ここまで差がつくとは思いませんでした。これまで言われてきた、2倍程度と思っていましたから。中京圏のほうが近く、しかも車社会ですから、車に流れているかもしれませんが。

 「米原ルート」でも東海道新幹線に乗り入れて新大阪まで直通すれば、それでもかまいません(収益が減るJR西日本への対策は必要でしょうが)。しかし、それは期待できません。東海道新幹線は本数が多すぎて、JR東海が乗り入れることに否定的です。また、東海道新幹線と北陸新幹線は同じ新幹線でありながらシステムが違うので、両方のシステムに対応させる必要が出てきます。新幹線と在来線ならともかく、新幹線同士で乗り換えをさせられるという事態になります。リニアができ、リニアと「米原ルート」を組み合わせることによって、首都圏と北陸3県とを結ぶことを考えている人もいますが、名古屋と米原で乗り換えさせられるのです。北陸新幹線を運営するJR東日本、JR西日本は損する話ですし、JR東海も北陸程度の需要はどうしても欲しいものではなく、だれも得しない話なのです。お金のある愛知県や名古屋市が景気よく北陸新幹線「米原ルート」実現のためにお金を出すという話もありません。愛知県や名古屋市にとって北陸新幹線は重要な話ではないのです。

 そうなったら、わざわざ中京圏のために「米原ルート」を選ぶ必要はなく、関西と北陸をダイレクトに結ぶルートを選定すればいいのです。わざわざJR東海やJR西日本が否定的な見解を示している、「米原ルート」を選ぶ必要はありません。
(参考:北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ http://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000004114)

|

« 南大東島の鉄道は遊具扱いに | Main | 日高線復旧金額は増える、工期は短縮 »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

>そうなったら、わざわざ中京圏のために「米原ルート」を選ぶ必要はなく、関西と北陸をダイレクトに結ぶルートを選定すればいいのです。

この場合、名古屋行は敦賀で永久に分断されることになるので、敦賀-米原間の在来線をミニ新幹線にすればいいでしょう。
リニア全線開業後のことになるが、現在の「しらさぎ」の輸送力からして、山形・秋田新幹線並だから、それで十分でしょう。

>東海道新幹線は本数が多すぎて、JR東海が乗り入れることに否定的です。

これは、リニア全線開業前の話でしょう。開業後は
可能です。それでも、

(1)米原ルートでは湖西線より遠回りの為、時短効果が少なく、運賃料金も割高
(2)通過列車も多数ある米原で、大阪・名古屋2方面へ分岐させるのは運行管理が複雑、ダイヤ混乱の原因になる

などにより、不適格と思われます。

ただ、小浜・京都ルートでは、米原並の迂回ルートになってしまい、(1)の点は変わらなくなってしまう。
滋賀県を通らないためなどという、しょうもないことを考えて、所要時間は延びる・建設費も高くなるのでは本末転倒の話です。

滋賀県を通る距離は長くなるが、停車駅は小浜でなく上中あたりにし、負担は他府県で肩代わりするしかないでしょう。

Posted by: かにうさぎ | 2015.10.11 at 09:22 PM

 かにうさぎさん、こんばんは。

* この場合、名古屋行は敦賀で永久に分断されることに

 滋賀県か、福井県か、誰が出すのかはともかく、そういうアイデアはあるでしょう。もっとも、長浜あたりは、新快速の直通ができなくなるというデメリットがあります。

* 開業後は可能です。

 それを期待して、米原でフル規格新幹線同士を乗り換えさせるわけにはいかないでしょう。

* 滋賀県を通らないためなどという、しょうもないことを考えて、

 新幹線駅をつぶすという「実績」がある滋賀県を通るのはリスク要因ですから、そういう発想が出ても仕方がないでしょう。それだけのことをやったのですから。

 京都はともかく、絶対に小浜を通らなければならないということはありません。その程度の柔軟性は福井県に必要です。若狭の新幹線駅に大規模な駐車場があればいいのですから。

Posted by: たべちゃん | 2015.10.11 at 10:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/62325811

Listed below are links to weblogs that reference 関西-北陸間の鉄道利用者は中京-北陸間の4倍以上:

« 南大東島の鉄道は遊具扱いに | Main | 日高線復旧金額は増える、工期は短縮 »