« 「関空快速」と「紀州路快速」が分かれる日根野で外国人に案内する人 | Main | 一畑電車、元南海3000系の4両編成を運転 »

京都丹後鉄道、「タンゴディスカバリー」を改造して新特急車両

 京都丹後鉄道は11月13日から、「海の京都」をイメージした新しい特急車両を走らせました。

 藍色メタリックに塗られたその車両は、「丹後の海」。「タンゴディスカバリー」(1996年から導入)をリニューアルしたものです。リニューアルは「くろまつ」などを手がけた、水戸岡鋭治氏によってなされています。車内は木を多用し、くつろぎの空間を演出しています。今回リニューアルがなされたのは、1編成2両だけですが、2015年度中にもう1編成2両もリニューアルされます。整備費は約1.8億円です。残る3編成6両については未定です。

 この「丹後の海」は京都丹後鉄道内を走るほか、「まいづる」や「はしだて」として、京都にも乗り入れます。なお、観光列車の「くろまつ」などとは異なり、車内での食事の提供や物販はしない予定です。

(追記)
 「タンゴディスカバリー」のリニューアルは進み、2017年5月6日に最終運行を行いました。
(参考:京都丹後鉄道ホームページ http://trains.willer.co.jp/tangonoumi/、http://trains.willer.co.jp/news/2015/1103.html、http://trains.willer.co.jp/tangonoumi/tango-no-umi-timetable-2015.pdf、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXLZO93489540R31C15A0LDA000/、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/69550/)

|

« 「関空快速」と「紀州路快速」が分かれる日根野で外国人に案内する人 | Main | 一畑電車、元南海3000系の4両編成を運転 »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/62585697

Listed below are links to weblogs that reference 京都丹後鉄道、「タンゴディスカバリー」を改造して新特急車両:

» 【京都丹後鉄道】新しい特急車両「丹後の海」を発表。「タンゴディスカバリー」車両を改造 [阪和線の沿線から]
今年4月から北近畿タンゴ鉄道(KTR)の運行を引き継いだ「京都丹後鉄道」ですが、この度新しい特急車両を登場することを発表しました。 京都丹後鉄道、新しい特急列車を運行へ…「 ... [Read More]

Tracked on 2015.11.23 at 01:09 PM

» 京都丹後鉄道、水戸岡鋭治氏の設計・デザインにより『海の京都』をイメージした新しい特急車両「丹後の海」登場 [kqtrain.net(京浜急行)]
 京都丹後鉄道で新しい特急列車が登場します! | 共同通信PRワイヤー [Read More]

Tracked on 2015.11.23 at 02:12 PM

« 「関空快速」と「紀州路快速」が分かれる日根野で外国人に案内する人 | Main | 一畑電車、元南海3000系の4両編成を運転 »