« 京都丹後鉄道、「タンゴディスカバリー」を改造して新特急車両 | Main | 京都鉄道記念館は2016年4月29日オープン »

一畑電車、元南海3000系の4両編成を運転

 一畑電車は大井川鐵道とともに、元南海高野線の21000系が走る路線。一畑電車では3000系として走っています。

 しかし、一畑電車は老朽化した電車の置き換えを進めていて、元南海の3000系は引退してしまいます。

 そこで一畑電車は保有する3000系2編成をすべてつないで、4両編成で運転することにしました。いったんは3007号車の故障により中止されましたが、その修理が完了したことにより、再び企画されました。代替で入る1000系第3編成の運行が間近なことから、これが4両運転できる最後の機会になるようです。

 その運行日は11月29日。雲州平田→出雲大社前、出雲大社前→松江しんじ湖温泉、松江しんじ湖温泉→雲州平田というコースを2回ずつ走ります(各駅停車ではなく、一部の駅にしか停まりません)。事前予約は必要ありませんが、乗車には「一日フリー乗車券」(大人1500円、子供800円)が必要です。無人駅から乗車する場合は車内でも購入できます。

 運行当日は午前中の電車だけですが車内にてグッズの販売があり、先着200人限りで記念乗車証の配布があります。また、当日朝7:30ごろからは雲州平田駅構内で連結のための入換作業があります。
(参考:一畑電車ホームページ http://www.ichibata.co.jp/railway/topics/2015/11/post-311.html)

|

« 京都丹後鉄道、「タンゴディスカバリー」を改造して新特急車両 | Main | 京都鉄道記念館は2016年4月29日オープン »

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/62671603

Listed below are links to weblogs that reference 一畑電車、元南海3000系の4両編成を運転:

« 京都丹後鉄道、「タンゴディスカバリー」を改造して新特急車両 | Main | 京都鉄道記念館は2016年4月29日オープン »