« 鉄道林の伐採を求める山形県の村 | Main | DMV、国交省で検討するも実用化は難しそう »

東京と大阪を北陸経由で結ぶフリーきっぷ、ただし外国人のみ

 急激に増えている訪日外国人旅行者。その需要を取り込むため、JR東日本とJR西日本は、新たな切符を発売することになりました。

 2016年4月1日から通年で発売されるその切符の名前は、「東京・大阪『北陸アーチパス』」。成田空港から東京(23区内のJR線と東京モノレールを含みます)、北陸新幹線、北陸線(湖西線、米原経由も可)、関西(大阪を中心に、京都、神戸、宝塚、奈良も含みます)を経て関西空港までが乗り放題です。北陸エリアでは、大糸線(南小谷以北)、高山線(猪谷以北)、氷見線、城端線、七尾線(のと鉄道七尾-和倉温泉間を含みます)にも乗ることができ、通過利用のみに限られますが、あいの風とやま鉄道富山-高岡間、IRいしかわ鉄道津幡-金沢間にも乗車できます。連続7日間有効で、海外で購入する場合は24000円(国内で引き換えます。子供半額)、国内で購入する場合は25000円(子供半額)です。しかも、このエリア内では、新幹線、特急の普通車指定席も無制限で乗ることができます(「はるか」は普通車自由席のみ)。

 ただ残念なことに、このホームページを見ている人のほとんどは、この切符を購入することができません。日本国以外のパスポートを所持している外国籍の人(日本滞在日数が90日以内の短期滞在者)のみが対象で、引換、購入時にはパスポートの確認を行います。この「東京・大阪『北陸アーチパス』」をそっくりそのまま日本人にも使えるようにしろ、とは言いませんが、アレンジして企画切符にするのも面白いのではないでしょうか? 東海道新幹線で真っすぐ西を目指すのではなく、北陸新幹線で便利になった北陸を通って西に行くというのは。最短でも5時間かかりますが、途中下車しながら行くのもまた楽しいです。
(参考:JR東日本ホームページ http://www.jreast.co.jp/press/2015/20151101.pdf)

|

« 鉄道林の伐採を求める山形県の村 | Main | DMV、国交省で検討するも実用化は難しそう »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

首都圏私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京と大阪を北陸経由で結ぶフリーきっぷ、ただし外国人のみ:

» 【JR西日本】【JR東日本】訪日外国人向け「大阪・東京(東京・大阪)『北陸アーチパス』」を発売。北陸新幹線経由で関東〜関西のJR線が乗り放題 [阪和線の沿線から]
JR西日本とJR東日本の両社では、訪日外国人向けの商品「大阪・東京(東京・大阪)『北陸アーチパス』」(英語名称:Osaka・Tokyo(Tokyo・Osaka) Arch Pass、以下「アーチパス」)を発売する ... [Read More]

Tracked on 2015.12.01 10:42 PM

« 鉄道林の伐採を求める山形県の村 | Main | DMV、国交省で検討するも実用化は難しそう »