« 青い森鉄道、早くも2016年3月ダイヤ改正を発表 | Main | 2016年3月ダイヤ改正発表(1)(北海道新幹線、JR北海道) »

北海道新幹線開業時ダイヤが判明

 今日は12月18日。以前にも書きましたが、北海道新幹線等、2016年3月26日のダイヤ改正の概要が発表される日となりました。それより少し早いですが、北海道新幹線開業時のダイヤが判明しましたので、紹介します。

 東京-新函館北斗間の所要時間は4時間2~33分、平均は4時間19分です。最速は下りが東京8:20発の「はやぶさ5号」と東京9:36発の「はやぶさ11号」の2本、上りが新函館北斗17:21発の「はやぶさ34号」の1本のみです。3本とも大宮、仙台、盛岡、新青森のみに停車します。ほかの「はやぶさ」も大宮-仙台間はノンストップで、宇都宮などには停まりません。

 始発や最終については、下りの始発は東京6:32発、上りの始発は新函館北斗6:35発(東京11:04着)、下りの最終は東京19:20発(新函館北斗23:33着)、上りの最終(新青森行き)は新函館北斗21:59発です。新函館北斗から新幹線を使って東京まで日帰りで往復すると、東京には最長8時間16分滞在することができます。以前にも書きましたが、基本的には現行のダイヤをベースにしているようです。

 新青森-新函館北斗間には中間駅が2つできます。奥津軽いまべつと木古内です。この両駅にはどれだけの列車が停まるのでしょうか? 結果が出ました。奥津軽いまべつは7往復14本、木古内は8往復16本が停車します。

 新函館北斗から函館へのアクセス列車、「はこだてライナー」。16往復32本運転されますが、このうち13本(函館行き7本、新函館北斗行き6本)が快速となります。最短15分で運転されます。これまで所要時間が17分となっていたのですが、若干短縮されました。また、この改正で廃止される「はまなす」の代わりに、「はなます」と同じ札幌22:00発の室蘭行き特急、「すずらん」を運転します。

 なお、公聴会でも「高い」と言われた北海道新幹線の料金ですが、申請通り認可される方向です。青函トンネルの維持費など、北海道新幹線固有の事情が考慮されたためです。
(参考:毎日jp http://mainichi.jp/articles/20151217/k00/00m/040/113000c、北海道新聞ホームページ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0213605.html、http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0214434.html、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/national/20151217-OYT1T50038.html)

|

« 青い森鉄道、早くも2016年3月ダイヤ改正を発表 | Main | 2016年3月ダイヤ改正発表(1)(北海道新幹線、JR北海道) »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北海道新幹線開業時ダイヤが判明:

« 青い森鉄道、早くも2016年3月ダイヤ改正を発表 | Main | 2016年3月ダイヤ改正発表(1)(北海道新幹線、JR北海道) »