« 京都市交通局、コンビニに「バスの駅」 | Main | 「はるか」、湖西線に延長か? »

札幌駅に0番線設置案

 北海道新幹線の最終的な目的地、札幌駅の新幹線ホームをどこに置くかという問題は以前にも取り上げましたが、新たな動きが出てきました。

 まずこれまでの認可案から復習しましょう。認可案は、1、2番線を新幹線用とし、北側に在来線用の12番線とホームをつくる予定でした。ところがJR北海道はこのままだと在来線が1日最大100本発着できなくなると考えていました。また駅を北側に拡張するため、商業施設などの立ち退きが必要となり、工期や工費も増えると考えたため、新幹線駅を現札幌駅の西数百メートルのところにつくるという案を一時出していました。

 今回出てきた動きとは、それとは別の案が出てきたということです。それは、現在の札幌駅の南側(もしくは少し東側)に、新幹線用の0番線を置くというもの。1番線と南側にある大丸やJRタワーの間をつぶして0番線を設置し、0、1番線を新幹線用とします。JR北海道で考えられている案で、新幹線の建設主体である鉄道建設・運輸施設整備支援機構に非公式に伝えられているようです。工費を負担する札幌市のこのことは把握しています。今のところ札幌市は国の認可通りにすべきだと考えていますが、2016年1月に開かれる札幌市、北海道、鉄道建設・運輸施設整備支援機構、JR北海道との4者協議でJR北海道から0番線設置案について正式に話があれば、札幌市は検討するようです。もっとも、線路はどちらにしても1本増えるだけなので、在来線の本数問題が解決できるわけでもなく、どういうメリットがあるのかわかりにくいです。立ち退きがいらないのがメリットかもしれませんが、参考にした記事を見る限りではよくわかりません。

(追記)
 札幌駅の南側に0番線を設置した場合、大丸の建物に一部がかかる可能性があるようです。
(参考:北海道新聞ホームページ http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0216213.html、「鉄道ファン」2016年3月号 交友社)

|

« 京都市交通局、コンビニに「バスの駅」 | Main | 「はるか」、湖西線に延長か? »

整備新幹線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

想像の上での話になりますが、札幌駅の線路配線が0番線案につながっているのかもしれません。
例えば、小樽側から札幌駅に入線する際、8~10番線に入線するには札沼線の線路に入らないといけません。12番線はそれより外側ですので、当然ながら札沼線の線路に入ることになります。
一方、今回の案は2番線が在来線として残ります。線路の本数は同じでも、札沼線と交錯する列車を減らせるので、ダイヤの自由度は少し増すのでしょう。

…まさか、「スーパーカムイ」とのホーム上連絡を考えているわけではないと思いますが。

Posted by: 東怪人 | 2015.12.26 at 06:58 PM

 東怪人さん、こんばんは。

* 例えば、小樽側から札幌駅に入線する際、

 それなら、新設した12番線を札沼線にすればよさそうな話です。

* …まさか、「スーパーカムイ」とのホーム上連絡を

 「おおとり」などがあった国鉄時代ならともかく、函館-旭川間の直通がなくなって久しいですし、本線上を横断する2番線への乗り入れの必要はないと考えています。

Posted by: たべちゃん | 2015.12.26 at 07:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23421/62921611

Listed below are links to weblogs that reference 札幌駅に0番線設置案:

« 京都市交通局、コンビニに「バスの駅」 | Main | 「はるか」、湖西線に延長か? »