« 新潟BRT、昼間は中心部直通か? | Main | 小田急も2016年3月26日にダイヤ改正 »

「はまなす」の最終運行は2016年3月21日

 北海道新幹線は2016年3月26日に開業しますが、その前日まで津軽海峡線の列車が運転されるわけではありません。現在、在来線仕様となっているものを、新幹線仕様に切り替える必要があるからです(「地上設備最終切替」といいます)。その切り替えの日は2016年3月22日。開業4日前の未明に行うのです。

 そして、2016年3月22日の未明に切り替えを行ってからは、以前にも書いたとおり、在来線旅客列車は運休します。新幹線が開業するまでの4日間、津軽海峡線列車は全く走らなくなるのです。この間、本州と北海道の間の移動は、フェリーか航空機に限られることになります。なお、江差線、津軽線の普通列車は運休しません。そして、参考にしたプレスリリースでは、貨物に関する記述がありません。物流が少ない元日ならともかく、そうでない時期に4日も止めるわけにはいかないでしょう。新幹線開業後と同じように、新幹線区間に対応した貨物列車が走ると考えられます。

 さて、津軽海峡線の在来線列車はいつまで走り続けるのでしょうか? 昼行の「スーパー白鳥」、「白鳥」については、2016年3月21日の最終列車まで通常通り運行されます。上りの最終はJR北海道の車両が使われる「スーパー白鳥98号」(新青森21:34着)ですが、このまま青森に居続けるわけにはいかないので、回送で函館に戻すと考えられます。

 昼行よりも気になるのが、夜行でしょう。これについても2016年3月分の運行計画が明らかになりました(2016年2月分まではこちらを見てください)。「はまなす」については、下りの最終運行日は2016年3月21日(青森発基準)です。青森22:18発札幌翌日6:07着です。上りの最終運行日は2016年3月20日(札幌駅基準)です。札幌22:00発青森翌日6:19着です(3月中も函館から時刻変更がなされます。この影響で新青森から接続する新幹線は通常の「はやぶさ4号」から「はやぶさ8号」に代わります)。「はまなす」は3月の間は最終運行日まで、毎日運休することなく走ります。なお、最終運行日は、上下とも全車指定席で運行されます。

 「カシオペア」については、下りの最終運行日は2016年3月19日(上野発基準)です。上野16:20発札幌翌日11:15着です。3月中は1日、4日、6日、8日、11日、13日、15日、17日、19日(上野発基準)に運行します。上りの最終運行日は2016年3月20日(札幌発基準)です。札幌16:12発上野翌日9:25着です。3月中は2日、5日、7日、9日、12日、14日、16日、18日、20日(札幌発基準)に運行します。上下とも週3~4回の運行です。

(追記1)
 「はまなす」の最終運行が全車指定席となったので、短距離の利用者が多い上りについては、札幌発東室蘭行きの臨時急行(所定では札幌22:04発、全車自由席)が運転されました。車両は「ニセコエクスプレス」が使われました。

(追記2)
 「スーパー白鳥」、「白鳥」が運休した3月22日から25日の間、新青森―青森間に「スーパー白鳥」、「白鳥」とほぼ同じダイヤで臨時列車が運転されました。485系6両編成のほか、701系3両編成も使われました。
(参考:JR北海道ホームページ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/151218-1.pdf、「編集長敬白」 http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2016/03/22/、「鉄道ファン」2016年6月号 交友社)

|

« 新潟BRT、昼間は中心部直通か? | Main | 小田急も2016年3月26日にダイヤ改正 »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「はまなす」の最終運行は2016年3月21日:

« 新潟BRT、昼間は中心部直通か? | Main | 小田急も2016年3月26日にダイヤ改正 »